あすなろ賞はエンパイアペガサスの登場!

 5月20日の盛岡競馬はいよいよ2歳新馬戦がスタートしますが、メインのAAB秋田朝日放送杯、第18回あすなろ賞(M3)には、浦和から再転入の3歳最優秀馬、エンパイアペガサスが登場します。


DSC_1159.jpg


DSC_1162.jpg
 エンパイアペガサス(村上騎手)は、昨年の岩手競馬3歳最優秀馬。岩手ダービー・ダイヤモンドカップと不来方賞を制し、三冠のかかったダービーグランプリでは大井のトロヴァオに敗れて2着。そのあと浦和に移籍して1、3、1着。特に3戦目は報知グランプリカップ(船橋1800m)を村上騎手で重賞制覇となりました。今回はそれ以来の実戦になりますが、佐藤祐司調教師は「春初戦は、交流重賞を使いたくなかった。結果的にシアンモア記念はあのようなメンバーだったが、まさかナムラタイタンがいなくなるとは考えていなかったし、再転入の時点からそのように決めていた。今季前半は、みちのく大賞典からマーキュリーカップが目標。ここ目標に乗り込んで、先週の時点でおおむね仕上がったし、直前は息を整える程度。良いレースをして欲しい」と。この春使い込んでいる面々が相手ですが、まずはこの馬が最注目となることは間違いないでしょう。



DSC_1145.jpg
 アントニオピサ(阿部騎手)は転入後、北上川大賞典、桐花賞、トウケイニセイ記念、赤松杯と2着。シアンモア記念も期待されましたが、5着でも期待外れの内容でした。佐々木由則調教師は「後方から動く作戦が裏目。ばらける競馬が続いたせいか、馬込みで反応が良くなかった」と。逆に、体調面での落ち込みはないようで、シアンモア記念が激戦だったことを考えれば、9頭立ての1800m戦はレースがしやすいように思えます。




 名古屋のかきつばた記念JpnIIIを5着したラブバレット(菅原勲厩舎)は、5月31日に浦和競馬場で行われる、さきたま杯(JpnII、1400m)に選定されました。門別の北斗盃を制したベンテンコゾウは、引き続き6月1日門別の北海優駿(H1、2000m)を目標に乗り込みが進められています。

 シアンモア記念を優勝したユッコ(佐藤雅彦厩舎)は、まだ先の話ですが地元戦を使いながら、7月20日のGRANDAME−JAPAN2017、ノースクイーンカップ(H2、門別1800m)も視野にという話でした。

 シアンモア記念2着のプリムラブルガリス(鈴木七郎厩舎)は「芝も視野に」とのことで、ローテーションが検討されています。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/05/19(金) 00:00:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1138-cb23ab67

Recent Entries

10月 « 2017年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search