ラブバレットがかきつばた記念へ2度目の挑戦!

 一般世間はゴールデンウィークに入り、地方競馬はグレードレースや重賞の連発。5月3日は名古屋競馬場で、農林水産大臣賞典、第19回かきつばた記念(JpnIII)が行われますが、ここへ水沢からラブバレット(菅原勲厩舎、山本聡哉騎手)が挑戦します。


DSC_0953.jpg
 1月29日のJRA東京、根岸ステークス出走以来となりますが、菅原勲調教師は「さすがに高知は遠い」と今年は黒船賞は出走せず。東京スプリント(大井)の話も出ましたが、根岸ステークス奮闘の疲れもかなりあったようで、レース間隔をとりました。例によって牧場で乗り込んでからの水沢入厩であり、4月19日に水沢へ戻って、こちらでは約2週間滞在して名古屋へ向かいます。

 今回はハンデ戦で、トップハンデのレーザーバレット58キロ、ドリームキラリ56.5キロらに対し53キロ(地方勢ではトップ)の利があり、加えて揉まれず自在に動ける12頭立ての12番枠が当たりました。昨年の同レースでは10頭立ての2番枠で厳しい展開を強いられ6着でしたが、今回はそれ以上が望める条件が揃ったように思えます。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/05/02(火) 19:21:55|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1135-08c05c56

Recent Entries

10月 « 2017年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search