今週はA級馬登場、転入馬にも注目

 3月25日からの水沢競馬はA級馬が続々登場、26日メインのスプリント特別(オープン)は短距離の常連エーシンシャラクが登場します。


DSC_0615.jpg
 調教は小林騎手(実戦は高松騎手)。9歳の春となりますが、まだまだ衰えを感じません。昨夏疲れが出てしばらく休ませましたが、11月の戦線復帰からは1、2、1、1着。特に水沢の1400m以下に安定感があります。

 一変ムードはゴットフリート(菅原辰徳騎手)、JRA1600万級からの転入で、初戦は1月のトウケイニセイ記念6着。この春は「動きが良いとは思っていたが、追い切り時計も出ているね」と瀬戸調教師。トウケイニセイ記念が初ダートでしたが、あれだけ攻め馬が動けば、今の水沢ダートでも好走できそうに思えます。


DSC_0635.jpg
 3月27日月曜のメイン桃花特別には、北上川大賞典、桐花賞、トウケイニセイ記念と3連続2着だったアントニオピサ(阿部騎手)が登場します。

DSC_0577.jpg
 こちらのレースには板垣厩舎のローレルブレット(小野寺厩務員、実戦は関本騎手)が転入初戦を迎えます。JRA4勝、1600万級からの転入で、2才時には朝日杯GIに出走(9着)し、その後もきさらぎ賞GIII、アーリントンカップGIII、ファルコンステークスGIIIを入着しています。

 また小林俊彦厩舎からは、マイネルマーク(菅原俊吏騎手)も転入初戦。こちらはJRA芝3勝、障害1勝でアルゼンチン共和国杯GII3着という数字がありますが、ローレルブレットはダート経験なし。マイネルマークもほとんどダートの実績がない状態。いずれも水沢1600mには半信半疑というところです。


DSC_0639.jpg
 こちらはJRA5勝、クロッカスステークス2着などがある転入馬キングオブロー(三野宮調教師)



DSC_0590.jpg
 王者ナムラタイタン(坂口騎手)は春から順調に乗り込んでいます。次開催の出走申し込みがあることから、赤松杯(4月8日、1600m)へ登録してくる可能性もあります。


IMG_0927.jpg
 浦和所属で報知グランプリカップを勝つなど成果を上げてきた、昨年の3歳最優秀馬エンパイアペガサスが佐藤祐司厩舎へ戻ってきました。「今季前半の目標はみちのく大賞典とマーキュリーカップGIIIで、それまでに1度使いたい」とのことでした。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/03/25(土) 20:41:51|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1123-5eeaa486

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search