今年は3月から重賞競走!「奥州弥生賞」はベンテンコゾウの登場

 いよいよ3月18日から岩手競馬が水沢競馬場で再開します。3月の開催は2016年度になりますが、実質は2017年シーズンの開幕。今年は3月競馬で初めて「奥州弥生賞」という重賞競走が組まれました。ただ、回数や、岩手グレードMの表記はなし。現時点では今回限りの特設のようです。

 トップクラス9頭がエントリーしましたが、昨年の2歳最優秀馬ベンテンコゾウが登場。もちろんこの馬が中心になります。


DSC_0572.jpg
 追い切りは村上騎手


 ベンテンコゾウは昨年若駒賞でサンエイリシャールに敗れた一戦が惜しまれますが、5戦4勝2着1回。南部駒賞、寒菊賞を完勝した後は、金杯をパスして早めに放牧へ。福島の牧場で乗り込まれての水沢入厩であり、冬季休養明けという雰囲気はなく、今季初戦から飛ばしていこうという思惑でしょう。ただ、ここを使うと次開催のスプリングカップ(M3)には中一週。この先は門別の北斗盃など遠征プランもあるようで、多彩な選択肢からレースを選んでいくようです。


 馬券的にはベンテンコゾウの相手探しという様相ですが、冬に他地区で実戦を使われてきた馬に惹かれます。ヤコウレッシャは名古屋に所属してJRA挑戦も含め4戦、前々走で特別戦を勝ち、前走スプリングカップは差して4着と好内容。コンバットパンチは浦和で2戦して9、5着ですが、5着の前走は4コーナーあたりで見せ場がありました。岩手競馬の1月戦からレース間隔が開いている面々と比べれば状態面で有利とも思え、これまでの力関係を覆す可能性を考えたいところです。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/03/17(金) 18:35:17|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1122-9e4ee2d4

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search