新年は金杯から、ニュースター誕生の予感!

 皆様新年明けましておめでとうございます。今年も岩手競馬をよろしくお願い申し上げます。筆者はさすがに寄る年波に勝てず、更新度数はかなり減って参りましたが、ひとまず新年第1回目の更新をしたいと思います。

 岩手競馬の新年初日は今年も1月2日の水沢競馬。メインレースは岩手県競馬新聞連盟杯、第43回金杯(M2)、明け3歳馬による重賞競走ですが、ローテーション上は2歳三冠の3つ目になります。


DSC_0423.jpg
 初タイトルが欲しいのはメモリーダンス(菅原勲調教師、実戦は村上騎手)。デビューから(2-3-3-0)と崩れがありませんが、重賞では知床賞2着、南部駒賞3着。同厩で南部駒賞、寒菊賞と制したベンテンコゾウは一足早く放牧休養に出ており、ここはこちらの出番。夏に無理せずひと息入れてからの成長が著しく、重賞の常連になっています。「ここ2走スタートが良くないので、それさえなければ」と菅原勲調教師。


DSC_0367.jpg
 ビギナーズカップ、若駒賞と重賞連勝後が伸び悩み感のあるサンエイリシャール(千葉厩務員、実戦は山本聡哉騎手)。連勝時の強さを考えると、南部駒賞と寒菊賞はちょっとわからない負け方。乗り込みそのものは意欲的に続けられており、今回のメンバーなら巻き返しがあって不思議ありません。


DSC_0345.jpg
 芝の若鮎賞勝ち馬メドゥシアナ(千葉幸喜調教師、実戦は阿部騎手)はその後ダートでもフューチャーステップ競走と、プリンセスカップ2着。ほとんどのレースで道中最後方からレースを進める、若馬としてはちょっと個性的なタイプです。大井の東京2歳優駿牝馬に登録していたのですが、補欠1位で出走できず金杯へ。脚質的に展開面は気になりますが、ニードアフレンド、オールザベスト、ヤコウレッシャと速い先行馬がそろうことで流れが向く可能性が出てきました。「春になって芝でJRAに挑戦できるように」と千葉幸喜調教師は期待しています。


 岩手競馬公式WEBSITEでは案内が見当たりませんが、1月2日の水沢競馬はスカパーのch531、「たちかわ・西武園競輪チャンネル」で無料放送があるようですので、是非ご覧ください。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/01/01(日) 21:53:43|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1110-c8c78659

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search