ナムラタイタン桐花賞連覇で一年を締める!

 12月31日に水沢競馬場で行われた、農林水産大臣賞典、社台スタリオンステーション協賛、第42回桐花賞(M1)(ハービンジャー賞)は1番人気のナムラタイタンが逃げ切り。昨年に続いて連覇で1年を締めくくりました。


DSC_0437.jpg


DSC_0462.jpg
 この冬は昨年よりも雪が少なく、白いところのない水沢競馬場


DSC_0465.jpg
 ライズラインが出走を取り消したことから、ナムラタイタンの坂口騎手は逃げの手を選択。マイペースで逃げて2番手アントニオピサ(緑帽、阿部騎手)、コミュニティ(黄帽、山本政聡騎手)も早めに3番手に上がるが、2周目に入ってナムラタイタンがじわじわとペースを上げる。最後の直線に入っても、その序列は変わらない。


DSC_0472.jpg
 2周目の残り800mからペースの上がる、
 13.0-12.5-13.0-13.4-13.1-13.0-12.0-12.2-12.8-13.5=2.08.5
のラップでは、そう簡単に差は詰まらない。


DSC_0476.jpg


DSC_0485.jpg
 最後まで差は詰まらず、1馬身4分の3の差をもってナムラタイタンがゴール。一見レースそのものは単調な流れで、ナムラタイタンが盤石の強さを見せつける結果になりましたが、今年の出走回数はわずかに4回。陣営の苦労が感じられる数字といえます。明けて11歳ですが、どこまで頑張り続けるでしょうか。今年の桐花賞も、最後の直線は記者席まで大歓声の届く盛り上がりでした。本年も1年間、岩手競馬を応援いただきありがとうございました。



←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2016/12/31(土) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1109-60e48759

Recent Entries

08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search