6月18日新馬戦の出走馬紹介

 6月18日の盛岡競馬は第3レースでファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます.ここへの出走馬を紹介します。


リュウノクレセント
 リュウノクレセント(小林騎手、実戦は斎藤騎手)は父が新種牡馬ディープブリランテ、母フレンチフレイバー(母父フレンチデピュティ)。兄マリンフレイバー、ノースフェスタがそれぞれ大井、船橋で新馬戦を勝っています。


ナツミチャン
 ナツミチャン(坂口騎手)は父ローエングリン、母スカーレットミカ(母父アドマイヤベガ)で3代母スカーレツトインク(スカーレットリボン、スカーレットローズ、スカーレットブーケの母)に至る良血。兄ナガレボシイチバンは中央1勝、近親馬に有名馬が多数出ております。


サンエイジャック
 サンエイジャック(菅原辰徳騎手)は父ジャングルポケット、母マドリガルスコア(母父ダンスインザダーク)。4代母がマツチレスネイテイヴで、その子にマツチレススピード(中央4勝、ニュージーランドトロフィー4歳Sをニッポースワローの3着)、ロイヤルコスマー(4歳牝馬特別、桜花賞でともにエルプスの2着、オークスはノアノハコブネの5着)がいます。


コナツチャン
 コナツチャン(高松騎手)は父ヴァーミリアン、母フローラルタイム(母父ブライアンズタイム)でサマーセール出身馬。兄トワイライトワウは大井4勝、祖母シークレットヴァージニアはユーコーマイケル(中央4勝、ダービーグランプリ2着。岩手で姫神賞、すずらん賞、フェザンカップ、白嶺賞優勝。クラスターカップ、さくらんぼ記念、桐花賞2着)の母です。


キモンノジョーダン
 キモンノジョーダン(小林騎手)は父タニノギムレット、母キセキサイチャン(母父フジキセキ)。兄ガノデルマルシダムは大井の新馬戦2着。能力検査は5月6日にパスしましたが、6月9日でようやく満2歳となり出走のはこびとなりました。


キングジャガー
 キングジャガー(小林騎手、実戦は村上騎手)は父キングヘイロー、母ケージーササニシキ(母父ファスリエフ)。3月17日に門別で能力検査を合格してからの岩手移籍です。母、祖母ケージーカチドキとも中央1勝。母系は小岩井のアストニシメントに辿ります。


ドリームロマンス
 ドリームロマンス(木村直輝騎手)は父ヴリル、母スプリングタイムロマン(母父クリスエス)。兄クレバーステージは中央未勝利、園田2勝の後、Stage Brightという名になり、シンガポール高岡厩舎で31戦1勝との記録が残っています。


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2016/06/16(木) 18:20:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1059-6159ca9f

Recent Entries

09月 « 2017年10月 » 11月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search