イチダイが2度目のJRA挑戦!

 板垣厩舎のイチダイが、4月9日の福島10R、ひめさゆり賞(芝2000m、3歳500万下、津村明秀騎手騎乗)で2度目のJRA挑戦を行います。


イチダイ
 イチダイ(小林騎手)


DSC_8087.jpg


 イチダイは3月12日に中山の500万下ヘ挑戦。逃げ馬の直後、内の3番手を手応え良く追走。ゴール前グイグイと差を詰め、勝ったアジュールローズから3/4+1/2の0.2秒差3着に惜敗しましたが、長距離遠征を克服し、同時に芝適性も見せました。板垣調教師は「前回は(初めての条件に)半信半疑だったけれど、レースへ行っては折り合いもつくし、芝適性も確認できた。少頭数でペースも緩かったので、流れる展開になったときに同じような脚が使えるかどうかだね」と。

 岩手競馬開幕より早いレースを目標にしていたこともあり、乗り込み量は古馬も含めて水沢でも1、2を争うほど。ひと叩きされて、気合い乗りがさらに良くなっています。当初の登録数から多頭数になる可能性も考えられましたが、結局は11頭立て。前走の2着馬や、特別好走馬、弥生賞GIIや若葉ステークスからの転戦馬もいますが、イチダイの前走末脚から期待感が出たことも事実です。

 母テンイムホウは芝の1400m以下で5勝しオープン入り。尾張ステークスでトーセンザオーの3着、福島牝馬ステークスGIIIでロフティーエイムの4着、ヴィクトリアマイルGI(エイジアンウインズの16着)まで駒を進めました。また、3代母が岩元市三騎手で新馬、小倉3歳ステークスと連勝したダイナシユペール(エルプス、ノアノハコブネ、リワードウイング世代)であり、当時が懐かしく思い出される血統です。

 明日はもちろん水沢競馬開催中でありますが、JRA福島10Rにもご期待ください。


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2016/04/08(金) 19:44:45|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1041-3bc442c3

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search