名古屋へコスモフィナンシェ、園田へラブバレットが遠征!

 すでに枠順が発表になっておりますが、12月23日に名古屋競馬場で行われる、農林水産大臣賞典、第15回名古屋グランプリ(JpnII)にコスモフィナンシェ(関本浩司厩舎、愛知の丸山真一騎手騎乗)が、翌24日に園田競馬場で行われる、農林水産大臣賞典、第15回兵庫ゴールドトロフィーにラブバレット(菅原勲厩舎、山本聡哉騎手)が出走します。


コスモフィナンシェ
 遠征を続けるコスモフィナンシェ(関本調教師)は、これで今季6回目の遠征競馬。岩手競馬開催のない冬季に2度名古屋所属だった時期があり、8戦3勝の数字を残しています。



ラブバレット
 ラブバレット(南郷騎手、実戦は山本聡哉騎手)は笠松グランプリ優勝に続いての遠征。地方全国交流からJpnIIIへとグレードは上がり、相手強化が明らかですが、ここはハンデ戦で負担重量は53キロ。ドリームバレンチノには59.5キロという酷量が課され、レーザーバレットは57キロ。クラスターカップ(同重量)で0.7秒先着を許したポアゾンブラックが56キロ(ラブバレットより3キロ重い)となれば、ちょっとソロバンをはじきたくなります。

 浦和、笠松と輸送を苦にしていないとのことですが、おそらく今度の移動時間は途中休憩も含み約半日くらいでしょうか。ちょうど厩舎へお邪魔した際に、現鈴木厩舎の千田厩務員(トーホウライデンで園田のJBCスプリント出走)とラブバレット担当の千葉厩務員がそんな話をしておりました。

 当日、山本聡哉騎手は園田の4、7、9レースにも騎乗があります。そちらにもご注目ください。




←ぜひクリックで一票をお願いします

   拍手もお願いします↓


 園田のレース当日となるはずであった24日、出走を取り消したラブバレットがいる菅原勲厩舎へ行ってきました。

 千葉厩務員によれば「幸い状態は収まってきています。ハンデ差があったから、どんなレースができるかは見たかったですけれど・・・」とのことで、現時点では良い方へ向かっているようでした。
  1. 2015/12/22(火) 12:00:17|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saponet004.blog121.fc2.com/tb.php/1017-97cbe5d4

Recent Entries

07月 « 2017年08月 » 09月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search