FC2ブログ

岩手競馬の開幕は奥州弥生賞から!

 冬休みが終わり、3月20日から岩手競馬が水沢競馬場で再開します。開催初日のメインレースは、蹄声会会長杯、第2回奥州弥生賞(準重賞)。ベンテンコゾウが勝った2017年以来3年ぶりの復活で、3歳馬10頭によって争われます。


 2歳最優秀馬となったグランコージーは船橋、金杯を勝ったシンボは北海道へ移籍、金杯2着のナーリーは笠松へ移籍してJRAの芝へ挑戦中と、昨季終盤の活躍馬が不在。逆に転入してきた馬が3頭(うち1頭は再転入)おり、力比較は難しくなっています。


DSC_7708.jpeg
 追い切り日となった3月17日の朝は、調教時間の途中から雪が降り始め、水沢でも2センチ程度の積雪が記録されました。


DSC_7709.jpeg
 軸馬不在だけに、水沢開幕週のセオリーである「冬期間に他地区で使われてきた馬」の、フレッチャビアンカ(村上騎手)に注目します。北海道から船橋を経ての転入で、1勝は門別1600m。1、2月に使われた船橋で2、3着しています。千葉幸喜調教師も「この時期の、この条件だからこそチャンスがある」と。昨秋に砂の入れ替えがあり、まだどの程度の時計が出るか予測の難しいところですが、追い切りに騎乗した村上騎手も他馬とのタイムを比較して、その内容に納得していました。


DSC_7663.jpeg
 担当するのは、久々に復帰の元騎手、佐々木満厩務員。


DSC_7683.jpeg
 実績で言えば、知床賞、寒菊賞、金杯と重賞路線を歩んできたチャルメーラ(菅原勲調教師、実戦は高橋騎手)が上位。伸び悩み感はありますが、その3戦が5、6、5着なら一定の計算ができます。


DSC_7682.jpeg
 昨年のデビューや初勝利時に話題となった、バイアリーターク系種牡馬ギンザグリングラスの子フェイドハード(外#344、千葉幸喜調教師、実戦は陶騎手)もエントリー。休養期間があった昨年と違い順調なシーズンインで、これからも動向が注目されます。



 3月20日からの3日間は「無観客競馬」となることが発表され、競馬場や場外発売所へのお客様の入場をお断りしてレースが実施されます。競馬新聞もそういった場所で販売ができません。ですので

●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2020/03/19(木) 21:06:27|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

02月 « 2020年03月 » 04月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search