FC2ブログ

2年ぶりの桐花賞はマッチレースか、それとも…

 12月31日水沢競馬のメインレースは、社台スタリオンステーション協賛、第44回桐花賞(ハービンジャー賞)です。昨年は開催されなかったため、2年ぶりの桐花賞になります。回数は昨年を数えず、一昨年の第43回を引き継いでいます。



DSC_7485.jpeg
 12月27日は、冬の水沢らしい雪の調教風景でしたが、その後暖かくなり30日の競馬などは、この時期としては大変珍しい「雨」。明日も天気と馬場状態には注意が必要です。



DSC_7483.jpeg
 1年空けての連覇を狙うのはエンパイアペガサス(菅原俊吏騎手)。1600mの白嶺賞で、改めて底力を示す形になりましたが、佐藤祐司調教師は「相手がどうこうより、白嶺賞から中一週の競馬をすることがどうか」と。昨年10走、今年も9走目と、月1走程度のローテーションでしたが、今年は北上川大賞典が開催取り止めとなった影響で有力どころが揃って16日の白嶺賞に出走しておりレース間隔が詰まっています。よってその影響を出さずに実戦へ向かうことが最優先課題となります。2年前にベンテンコゾウを下したレースを思い返せば、今年は新しい挑戦者がいてもやはり最有力候補となるでしょう。



DSC_7461.jpeg
 ヤマショウブラック(小林俊彦調教師、実戦は高松騎手)は白嶺賞でエンパイアペガサスとハナ差。メンバーが揃っていたこともあり、今年のベストレースともいえる激闘。これが岩手では古馬初挑戦だっただけに、ヤマショウブラックの能力の高さを示すとともに、今後への期待が高まりました。中間も抜群の気合い乗り、距離延長歓迎の2000mで再度エンパイアペガサスに挑戦します。



DSC_7412.jpeg
 コスモジョイジョイ(小野厩務員、実戦は大坪騎手)は何度も紹介していますが、菊花賞馬オウケンブルースリの全弟。JRA10戦未勝利で水沢へ転入しましたが、その後C1級スタートから通算16勝。タイトルこそありませんが、南部杯に出走するところまで出世しました。一昨年の桐花賞は11着大敗でしたが、今年は1年以上の長期休養を克服し、再度の挑戦になります。



DSC_7470.jpeg
 ハイパーチャージ(新田調教師、実戦は菅原辰徳騎手)はJRA3勝、南関東2勝からの転入で、岩手のA級特別を6勝。9歳のシーズンを終えようとしていますが、秋の盛岡では久々に連勝して衰えのないことを示しています。終い勝負で長距離を苦にしないだけに、もつれる展開なら出番があるかもしれません。



DSC_7482.jpeg
 上がり馬というならサンエイプリンス(菅原辰徳騎手、実戦は高橋騎手)。2、3歳時は重賞路線に乗れませんでしたが、今季5勝2着6回。C2級スタートでA級まで昇級し、昇級戦の前走、1900mの冬至特別を2着しました。更なる相手強化ではありますが、エンパイアペガサス同様の「岩手生え抜き」(しかも途中移籍もなし)である点において価値は高いと思います。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/12/30(月) 20:22:09|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

11月 « 2019年12月 » 01月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search