FC2ブログ

クラスターカップへ、ラブバレットが5回目の挑戦

 8月12日、盛岡競馬のメインレースは、第24回クラスターカップ(JpnIII)です。8歳となるラブバレットが、このレースへ5回目の挑戦となります。



DSC_6805.jpg
 ラブバレット(山本聡哉騎手)も今年で8歳、3歳時はダービー路線を進んでいましたが、4歳からは短距離のスペシャリストとなりました。このレースには過去4回挑戦して3、3、2、3着。攻め馬などは年々挙動が変わり、カリカリと煩い時期があったり、大人しい攻め馬であったりしていますが、毎年コンスタントに結果を出し続けています。昨年は夏負けがあり、岩鷲賞をパスしてのローテーションになりましたが、それでも3着。今年は冬のJRA移籍から、ローテーションが違いますが、水沢復帰後は栗駒賞、岩鷲賞をどちらも好タイムで優勝しています。水沢も一時期猛暑がありましたが、それもあまり長くは続かず、この直前になって朝晩は涼しくなってきた印象です。

 菅原勲調教師は「栗駒賞、岩鷲賞とこれまでと同等のタイムで走っており、たいした馬だ。ただ、今年のメンバーはいつもより強いね」と。地方代表馬だけでも、例年挑戦している笠松グランプリ並か、それ以上と思えるメンバー構成です。数年前のような「なんとしてもタイトルを」というな勢いは感じませんが、一方で大きな減点材料もありませんし、やはり期待をかけたくなるものです。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/08/11(日) 23:36:22|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2019年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search