FC2ブログ

7月28日盛岡競馬、新馬戦の出走馬紹介

 7月28日の盛岡競馬は、第3レースでファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。ここへの出走馬を紹介します。



コンバットファスト
 コンバットファスト(岩本騎手)は父がマーキュリーカップなどダートグレード5勝のシビルウォー、母フジノプログレス(母父ブライアンズタイム)でサマーセールの取引馬。兄メイショウゲンブはJRA3勝。祖母アンドロジェニーはJRA5勝中芝で4勝、紅梅賞でマックスビューティの5着、京都牝馬特別でリキアイノーザンの7着が記憶に新しいところ。また、その子シャンパンファイトはJRA平地5勝、障害3勝。阪神障害ステークスでポレールの2着があります。先日なくなったゴッドスピードと何度も走りました。



オデンセ
 オデンセ(菅原俊吏騎手)は父が新種牡馬エスケンデレヤ、母ユメノカケハシ(母父デュランダル)でトレーニングセールの取引馬。母は園田、高知で計9勝。祖母マンデーデライトの子に佐賀で9勝し、中島記念を勝ったメガチューズデーがいます。また、祖母の孫に、先のマーキュリーカップに出走した現役のレッドダニエルがいます。



リュウノエドワード
 リュウノエドワード(菅原辰徳騎手)は父アグネスデジタル、母ポートドラルーン(母父チチカステナンゴ)でオータムセールの取引馬。3代母は秋華賞を勝って、ジャパンカップでシングスピールの2着となったファビラスラフィン。祖母シュペリユールはJRAの芝短距離で5勝、その子にJRA5勝、札幌記念2着のナリタハリケーンがいます。



フアレフェケ
 フアレフェケ(小林騎手)は父が新種牡馬ウインバリアシオン、母マリーシア(母父クロフネ)で青森産馬。祖母シャープキックはJRA5勝で、5勝目の江坂特別(1000万下)ではタップダンスシチーを下して優勝。シャープキックの子には活躍馬多数で、クードゥフードルは東海地区で6勝、そのあと佐々木修一厩舎へ来て2勝。ラフィナールはJRA4勝、阪神芝1800mのレコード(1分45秒2)を出しました。さらにその下に東京カップけやき賞を勝ったシャーペンエッジ、JBCスプリントやクラスターカップを勝ったタイセイレジェンドがいます。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2019/07/26(金) 19:52:14|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2019年07月 » 08月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search