ダービー馬登場のイーハトーブマイル

 開催は盛岡へと移り、初日9月16日のメインレースは、ホテルメトロポリタン盛岡杯、第5回イーハトーブマイル(M3)です。

 ここから、10月22日の不来方賞、11月19日のダービーグランプリへ3歳の重賞路線が続きますが、一冠目の岩手ダービー・ダイヤモンドカップを制したキングジャガーが出てきました。


DSC_2230.jpg
 キングジャガー(小林騎手、実戦は高橋騎手)は岩手ダービー優勝後に遠征することもなく、地元水沢に滞在して乗り込みを継続。特に休養期間を設けることもなく、夏を過ごしました。板垣調教師は「夏も暑くはなかったので調整に不安なところはなかった」と。8月に入ってピッチを上げここに臨みます。一週前にダービー前でも出していないような速い時計を出しており、パワーアップも窺えます。



DSC_2225.jpg
 重賞3勝馬サンエイリシャール(千葉厩務員、実戦は山本聡哉騎手)はダービー後に平場を1勝、前走は古馬A級編入となり3着でしたが、のちに青藍賞を勝つチェリーピッカーが相手では仕方のない結果でしょう。若駒賞を含む2戦2勝の盛岡1600mで、再度キングジャガーに挑戦します。2歳デビュー時からトップクラスを走ってきた馬、「秋になっての成長力が欲しい」と瀬戸調教師。



DSC_2251.jpg
 牝馬ダンストンリアン(村上騎手)が牡馬トップクラスに挑みます。こちらは前走古馬B1級編入で、岩手転入後12戦11勝だったヴィグラスムーヴを完封。ウイナーカップ2着、ハヤテスプリント優勝、ひまわり賞3着と距離問わず好成績を重ねてきました。このレースの負担重量はA級58キロ、B1級以下は56キロ(牝馬2キロ減)で、キングジャガー、サンエイリシャール、オールザベストが58キロなのに対し、ダンストンリアンは54キロと恵まれています。



 なお、北海道二冠となったベンテンコゾウは、ラブバレットともに北海道で休養中。不来方賞を目標とのことです。
また留守杯日高賞を勝ったダンストンレガーメはここに登録なく、25日の東京カップけやき賞に名前があります。


岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2017/09/15(金) 20:56:58|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

08月 « 2017年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search