春に夢をつなぐ、トウケイニセイ記念はラブバレットが圧勝!

 1月11日に水沢競馬場で行われた、東京スポーツ新聞社杯、第16回トウケイニセイ記念はラブバレットが4馬身差で逃げ切り圧勝。春から再度のグレードレース挑戦へ夢をつないで、冬の水沢開催を締めくくりました。


DSC_7627.jpg
 1周目スタンド前。枠順から展開予想が微妙でしたが、1番枠のラブバレット(白帽、山本聡哉騎手)が迷わず逃げの手に。ワットロンクン(黒帽、村上騎手)、スタンドアウト(桃帽、斉藤騎手)、エーシンシャラク(黄帽、高松騎手)、マツリダアンバター(青帽、山本政聡騎手)


DSC_7634.jpg
 山本聡哉騎手は1600mを少し意識してレースを進めたようですが、ラブバレットは2コーナーを回ってからスピードアップして、最後の直線も快調。エーシンシャラクが2番手に上がった以外は、ほとんど一列棒状のまま。


DSC_7637.jpg
 それどころか、直線に入って差は広がる一方

DSC_7640.jpg
 気がつけばラブバレットは4馬身差の逃げ切りでゴール


DSC_7648.jpg
 「プラス18キロを見たときは少し気になったが、戦ってきた相手が違うということだね」と菅原勲調教師。「本当はこのくらい馬体重(486キロ)があった方が良いのだと思う。短距離馬らしい体つきになった。この後はテンコーで調整して、直前に水沢へ戻ってきて、黒船賞(GIII、3月15日、高知1400m)を目標に。本当に使いたいときに2度も使えなかったからな、(園田は)走らせてみたかった」と顔を見合わせて互いに苦笑い。順調さを欠きましたが、パワーアップした姿を地元のファンに見せつけて、ラブバレットの今シーズンもひとまず終了。順調にくれば、岩手の春シーズン開幕を待たずに、ラブバレットの次なる挑戦が見られるでしょう。



←ぜひクリックで一票をお願いします

   拍手もお願いします↓


  1. 2016/01/12(火) 22:05:17|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

12月 « 2016年01月 » 02月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search