FC2ブログ

いよいよ桐花賞、「今季最高」で挑むナムラタイタン!

 12月31日の水沢競馬メインレースは大晦日恒例の、農林水産大臣賞典、第41回桐花賞(ハービンジャー賞)です。ファン投票と専門紙記者推薦による11頭のメンバーで、今年最後のタイトルを争います。


 2年連続でファン投票第1位に選ばれたのはナムラタイタン(坂口騎手)

DSC_7427.jpg
 絆カップ後は例によって間隔を取っての調整。今年は岩鷲賞のあたりからこのパターンが定着していますが、攻め馬のピッチが上がってからはいつも以上に快調。天候が悪化する前に追い切りも消化しました。「今年はあまり『良い』とまで思うことはなかったんだけれど、今回は良いね」と熊谷厩務員が言えば、坂口騎手は「(追い切り時計が)出すぎたね」と。村上昌幸調教師も「今年最高じゃないか」とまで。昨年岩手県内馬に唯一敗れたのが桐花賞。今年はこれが6戦目ですが、春先から見ていても陣営はこのタイトルが一番取りたいというような口振りに感じました。



DSC_7399.jpg
 北上川大賞典で2500mを克服したライズライン(村上騎手)。そのときはマイネヴァイザーを前に置いて、2周目2コーナー発進の理想的な展開を作り上げましたが、今回はどうなるか。逃げるのはモズか、グッドギアーか・・・またナムラタイタンはどこにいるのか。千葉幸喜調教師は「自分の競馬をするだけ」とのことでしたが、今度はちょっと違う展開も予想されます。村上騎手は「追い切りはモサモサとした馬場だったから最後時計がかかったが、長めにやったし全体では動いている」と。2コーナーまで脚を貯めて、ナムラタイタンとの勝負に持ち込みたいとの意気込みでしょう。



DSC_7432.jpg
 JRAから転入して3走目となるマイネルコランダム(新田調教師、実戦は阿部騎手)もファン投票選出。転入初戦のターコイズ特別、白嶺賞と力は見せていますが、いずれもスタートひと息でレース前半はしんがりから。ただ、それでターコイズ特別は直線大外一気(38秒5)、白嶺賞は5着(37秒5:スフィンクスと同タイム)といずれも驚異的な最速上がり。「もう少しいい位置にいればね」と新田調教師が言うように、少しでも有利なポジションが取れれば見せ場以上になるような気がします。



DSC_7415.jpg
 専門紙記者推薦で出走枠に滑り込んだのはビッグバンドジャズ(菅原厩務員、実戦は陶騎手)。セントライト記念出走実績も目につきますが、2000mの道営記念3着追い込みが記憶に新しいところ。白嶺賞は距離不足に加え、転入直後でプラス13キロの馬体重。このあたりの解消がなり、差し馬浮上の展開になればチャンスが見えてきそうです。



 12月24日の兵庫ゴールドトロフィーを惜しくも取り消したラブバレットですが、幸い回復が早く攻め馬を再開。順調ならトウケイニセイ記念(1月11日、1600m)へ登録する模様です。


←ぜひクリックで一票をお願いします

   拍手もお願いします↓


  1. 2015/12/30(水) 18:39:37|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

11月 « 2015年12月 » 01月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search