FC2ブログ

JBCスプリントにはランドオウジが挑戦!

 11月3日盛岡競馬の9レースは、農林水産大臣賞典、第14回JBCスプリント(JpnI)。ここには水沢からランドオウジが出走します。


ランドオウジ
 ランドオウジ(田嶋厩務員、実戦は村上騎手)は8歳馬ですが、キャリア35戦。JRAデビューで(1−1−2−8)の成績はまだまだ上昇がありそうな数字でしたが、その間4度の骨折があったとのことで、長期休養が複数回。岩手での転入初戦は2013年6月ですが、JRAでの最終戦は2011年9月でした。フラッシュモブ(牝3)がすでに40戦を消化していることを考えれば、約6年の競走馬生活の苦労がよく分かります。転入初戦からの着順は見せ場なく6、9、7着でしたが、4戦目、5戦目のA級戦を連勝して軌道に乗り重賞路線へ。今年は1600m以下の重賞路線を走り続け、早池峰賞、すずらん賞、栗駒賞と重賞タイトルを獲得しました。ここまでグレードレースでは昨年の南部杯で2.2秒、今年はクラスターカップ1.6秒、南部杯2.7秒差。小さい数字ではありませんが、近年の岩手競馬とすれば上出来の部類に入ります。メンバー強化でさらに差が開く可能性が高いですが、なんとか無事に頑張ってほしいものです。



ケイシュウNEWS オンラインショップ


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリック
お願いします↓


  1. 2014/11/01(土) 21:12:56|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

10月 « 2014年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search