FC2ブログ

6月8日新馬戦の出走馬紹介

 6月8日、盛岡競馬第3レースは今シーズン初めてのファーストステップ競走(2歳新馬戦)が行われます。今年は新馬の第1戦に限り、1着賞金が200万円(2戦目からは135万円)になっています。この競走へ出走する水沢所属馬を今年も力の続く限り紹介していこうと思います。


コパノリンデン
 コパノリンデン(小野寺厩務員、実戦は高橋騎手)は父ゴールドアリュール、母ヒガシリンクス(母父トニービン)で、コパノオーシャンズ(朱鷺S)、シルクターンベリー(JRA3勝、現岩手)、サイモンロード(東海重賞5勝)、コパノツイテル(JRA1勝、岩手9勝)、そして今年の高松宮記念GIを制したコパノリチャードと兄姉馬に活躍馬がズラリと並ぶ、今季の水沢2歳注目馬の一頭。また母ヒガシリンクスの弟に一昨年に新馬、2戦目と連勝し、若鮎賞3着のマルケイボスがいます。


ランデックナイト
 ランデックナイト(村上騎手)は父アドマイヤムーン、母フリードリームズ(母父アレイオン)で、姉フリーダムマーチ、兄フュージリアがともにJRA1勝。これまた春先からの注目されている一頭です。


ラブディーバ
 ラブディーバ(南郷騎手)は父プリサイスエンド、母ベガスターカフェ(母父アドマイヤベガ)でサマーセールの購買馬で、母の兄姉にバシュアースやアドマイヤテレサといったJRAでの活躍馬がいます。能力検査の内容は今回のメンバー中一番であり、同馬主、同厩舎で昨年新馬戦から飛び出したラブバレット同様の活躍となるでしょうか。


ヴァイキング
 ヴァイキング(千田騎手)は父ファルブラヴ、母スイートケンメア(母父ケンマール)でこれもサマーセール購買馬。兄姉にシンボリエスケープ(船橋1勝、JRA6勝、NSTオープンでネイティヴハートを下し優勝)を筆頭にシンボリブラームス、シンボリアニマート、スナークヒロイン、スイートスズラン、シンボリジャズとJRAでの活躍馬がズラリと並ぶシンボリ血統です。


グレースローラ
 グレースローラ(菅原俊吏騎手)は父アサクサデンエン、母リンダムーン(母父リンドシェーバー)で、母母が大井の新馬勝ちからJRA入りし、根岸SGIII優勝のグレースシラオキで、遡ればフロリースカップに至る小岩井血統。その子にはスーパーグラント(JRA4勝から高崎−水沢で姫神賞ユーコーマイケルの2着、クラスターカップ出走)、スーパーマクレガー(上山デビューで東北サラブレッド3歳チャンピオンをアプローズフラワーの2着)、スーパーグランザム(小嶋久輝騎手で新馬戦を勝ち、JRA札幌の500万下に挑戦し優勝。その後もアイビーSグラスワンダーの6着、東スポ杯キングヘイローの12着)と岩手、上山の歴史に名を残しています。


マルケイオーカン
 マルケイオーカン(菊地騎手)は父キャプテンスティーヴ、母パピヨンロワイヤル(母父ジェネラス)で宮城県産馬ですが、オータムセールの購買馬です。母系を遡れば英国から輸入されたセレタに至る大血脈。その子英月は競走名テツバンザイで第4回阪神優駿牝馬(オークスなどともいう)や横浜記念を勝つ。そしてここへビューチフル・ドリーマーの血が合流。母母ローブモンタント(阪神3歳牝馬Sヒシアマゾンの2着、桜花賞1番人気でオグリローマンの3着)などは記憶に新しいところですが、もう20年前か。歴史教科書のような血統表です。




ケイシュウNEWS オンラインショップ


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリック
お願いします↓


  1. 2014/06/07(土) 17:10:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

05月 « 2014年06月 » 07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search