FC2ブログ

今週は古馬A級の注目馬が続々登場!

 先週の水沢競馬は3歳重賞の連発で盛り上がり、勝馬投票券発売額は3日間で前年度比105.8%を記録しました。今週は古馬A級のレースを中心に行われます。3レースそれぞれ1400、1600、1800mと違った距離が設定されています。



コスモフィナンシェ
 4月12日土曜日のメイン、スプリント特別(1400m)には名古屋から帰ってきたコスモフィナンシェ(板垣調教師、実戦は高松騎手)が登場。名古屋、笠松での5戦は6、1、4、8、4と微妙な着順でしたが「昨年後半より動きは良くなっている。追い切りの感触は微妙だったが、時計が出ているんだね。ベストはマイル以下と思うので」(板垣調教師)と復帰初戦から期待している様子。ここは年度代表馬ドリームクラフトも登場、スズヨシーズン、ヒカルジョディーらが揃い、本年度の短距離路線を占う一戦になります。また「盛岡の芝中心のローテーション」目標のトートアフィシオン、JRA3勝は1200、1400mというロードバロック。岩手復帰で「牝馬路線を目指す」カミノマーチといったところの動向にも注意したいところです。




モズ
 4月14日月曜日のメイン、卯月特別(1800m)は、昨年転入初戦で北上川大賞典を逃げ切り、桐花賞を2着したモズ(高橋騎手)が登場。こちらは「次はシアンモア記念だが、あとはかきつばた賞(盛岡芝2400m)やみちのく大賞典(水沢2000m)など、長い距離を中心に使っていきたい」と佐藤祐司調教師。今季初戦から、桐花賞馬スーブルソーらとの再戦になります。



コウギョウデジタル
 昨年度の最優秀牝馬コウギョウデジタル(陶騎手)


ミキノウインク
 ミキノウインク(関本調教師、実戦は小林騎手)ら今年の牝馬路線を争いそうな面々も登場。今年は特にJBCレディスクラシックを頂点として路線が充実しているだけに、例年以上の盛り上がりが期待されます。





ナムラタイタン
 今季の転入馬の中で最大の注目馬、ナムラタイタン(坂口騎手)も攻め馬のピッチが上がってきました。こちらは次開催4月27日の赤松杯(水沢1600m)が予定されています。このほかにも水沢競馬場には実績馬の転入が相次いでいますが、それはまたの機会に・・・



ケイシュウNEWS オンラインショップ


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリック
お願いします↓


  1. 2014/04/11(金) 18:49:31|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

03月 « 2014年04月 » 05月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search