栗駒賞はドリームクラフト圧勝で重賞2勝目

 11月23日に水沢競馬場で行われた、AKT秋田放送杯、優駿協賛の第25回栗駒賞(サムライハート賞)は、ドリームクラフト(陶騎手)が7月同コースの岩鷲賞同様、5馬身差で圧勝しました。


あと200
 ライトマッスル、ランドオウジ、コスモフィナンシェが前へ行っての流れは平均ペース。差し馬勢も追い上げ中団がごった返すところを、ドリームクラフト(黄帽、陶騎手)だけが外々をスイスイと別次元の脚で上昇し、残り200mで早くも先頭。


あと100
 「よく伸びたが、坂口騎手(ランドオウジ)の横を抜けるあたりが特にすごかった」と陶騎手。


あと50
 ランドオウジ(桃帽、坂口騎手)が2番手に上がるが、前を行くドリームクラフトはすでに独走態勢。


ゴール
 混戦かと思われた一戦も、終わってみれば5馬身差。岩鷲賞と同じ着差でドリームクラフトの圧勝になりました。これで、古馬路線はコスモフィナンシェ、ミキノウインクに続いて今季重賞2勝目となり、年度タイトルが視野に入る位置へ浮上してきました。



ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/11/26(火) 12:55:45|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

10月 « 2013年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search