FC2ブログ

7月7日第3レース、新馬戦の出走馬紹介

 7月7日水沢競馬第3レース、この日2つ目のファーストステップ競走(2歳新馬戦)の出走馬を紹介します。


ジークビバーナム
 ジークビバーナム(菊地騎手、実戦は関本騎手)は父ジークエンブレム、母父トウカイテイオーで青森、諏訪牧場の生産馬。姉に岩手1勝で現役のイトシイコイビト、母サクラカイカの姉にJRA2勝、シンザン記念でサイレントディールの10着、ユニコーンSでユートピアの13着のバタラバ、岩手でJRA認定含む3勝のマルカンマドカがいます。能力検査は2レース出走のシグラップロードと同タイムの2着です。


リュウノガーネット
 リュウノガーネット(千田騎手)は父ロージズインメイ、母父サンデーサイレンス。姉クロースハーモニーは北海道でデビュー勝ち、栄冠賞、リリーカップをともに3着と2歳戦から活躍、JRA移籍後も500万級で5着が4回。その仔にブラボーボス、ラブチェリー(2歳未出走)がいます。これも能力検査はジークビバーナム同様、好タイムです。


サクラボス
 サクラボス(陶騎手)は父マイネルセレクト、母父アグネスデジタル。母デジタルハッピーからデビューの仔は初めてですが、デジタルハッピーの兄にJRA4勝のマイネルナチュラル、同じくJRA4勝で2003年に日経新春杯3着、京都記念4着、阪神大賞典5着から天皇賞(春)はヒシミラクルの15着だったマイネルプレーリーがいます。芝ダート兼用の血統に思えますが、上記2頭の4勝はすべて芝です。


アスクレーピオス
 アスクレーピオス(高松騎手、実戦は山本聡哉騎手)は父タイムパラドックス、母父アリダー。兄にJRA平地2勝、障害1勝、ラジオたんぱ杯3歳Sでアドマイヤベガの11着、京都4歳特別でビッグバイキングの6着があるタヤスキチジツ。姉バトルコロナ、兄マイネルリーデルとJRA勝ち馬が続き、岩手ほか通算12勝のユーワアンビシャスもいます。


ワタリサプライズ
 ワタリサプライズ(高松騎手)は父プリサイスエンド、母コマドリ(母父コマンダーインチーフ)で昨年の2歳最優秀馬ブリリアントロビンの全妹、兄にマーライオンパークもいます。コマドリは地方交流3勝でJRA900万級、母系を遡るとアストニシメントへ至る小岩井系。セフト、クモハタ、ライジングフレーム、リンボー、ゴールデンパスの名が見られます。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2013/07/05(金) 19:52:44|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2013年07月 » 08月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search