FC2ブログ

ジュニアグランプリが実施されました

 9月23日に盛岡競馬場で行われた、社台スタリオンステーション協賛、第14回ジュニアグランプリ(地方全国交流、JRA認定、ファルブラヴ賞)は北海道から遠征のセラミックガールが優勝。岩手での短期騎乗を終え、大井所属に戻った上田健人騎手は初重賞制覇となりました。

口取り
 田中淳司厩舎はビューチフル・ドリーマーカップのサクラサクラサクラに続いて岩手での重賞制覇

 「事前からチャンスがあるとは聞いていたが、実際乗ってみて『これはモノが違う』と感じた」という上田騎手。2番枠からのスタートで、1番のマンセイグレネードが逃げる展開。ずっと内で我慢して前とほどよい間隔を保ち、最後の直線はマンセイグレネードのインへ切れ込んで抜け出すという勝ち方。短期騎乗の成果が見事に出たと思えるレースでした。短期騎乗中は20勝へあと1勝というところで期間が終了しましたが、「岩手20勝目」は大きな星になりました。このレースはGI朝日杯ステップ競走への代表馬選定競走にもなっており、セラミックガールの今後の選択肢も広がったことになります。


 戸崎圭太騎手の参戦で話題を呼んだハカタドンタクは1番人気で3着。「コーナーで少しモタつくと聞いていたので、早めに動き出したいとは思っていたが、そこでスッと行けなかったね。素質はあるし、背中もいい馬なので、まだこれから変わってくると思います」と戸崎騎手。


ケイシュウNEWSオンライン版 重賞レースの紙面を無料提供

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/09/25(火) 11:16:58|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

08月 « 2012年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search