FC2ブログ

短距離路線も大混戦!早池峰賞を考える

 6月10日、盛岡競馬のメインレースは名物レース早池峰賞。オープンの短距離特別で下級からも申込馬がいてフルゲート12頭、昨日のかきつばた賞に続き、転入馬が加わって難解になっています。


ヒカルシ#12441;ョテ#12441;ィー
 シアンモア記念2着から、短距離路線へ矛先を向けたのはヒカルジョディー(小林騎手)。シアンモア記念では最後方から追い込みましたが、馬場や展開、前にいるリュウノボーイにあれだけ動かれれば仕方なしでしょう。昨年転入当初は左回りの盛岡で惨敗を続けていましたが、畠山調教師は「ドームで乗り込んでから馬場に出しているし、難しいところもなくなってきた」と。ただ、先週までの盛岡は住之江もビックリの逃げ優勢。後方からのレースを進める馬ですが「今回ばかりは内枠が欲しい」というのは小林騎手、3番枠なら良い方でしょう。この土日も同様の馬場状態が続いた際に、どのようなレースを見せるか。小林騎手の動向は注目度大です。


スーハ#12442;ーワシントン
 スーパーワシントン(瀬戸幸喜調教師補佐、実戦は村上騎手)


タ#12441;イワマックワン
 ダイワマックワン(菅原辰徳騎手、実戦は山本聡哉騎手)

 瀬戸厩舎はこの春転入してきた馬の2頭出し。主戦場は芝のようですが、どちらも短距離となるのは好都合で、ここからが真価発揮の場です。ここまでで1600、1800mで入着を確保しておればまずまずでしょうが、今回ばかりはどちらとも判断のつきかねるところ。瀬戸調教師も同様の雰囲気ですが「ダイワマックワンについて東京から取材が来たよ」というのは、弟ストロングリターンが先週安田記念を勝ったからでしょうか。


 他も全く力比較が難しく、2回凡走が続いたカミノヌヴォー、昨年岩鷲賞勝ちの短距離巧者マイネルプロートスらが浮上しても全く不思議はなし。重賞特別路線を走り続けて、ここで短距離に目を向けたアンダースポットやシーグランディの動向も気になります。


アンタ#12441;ースホ#12442;ット
 菊地騎手とのコンビがすっかり定着したアンダースポットは、攻めだけ見れば快調そのもの


シーク#12441;ランテ#12441;ィ
 芝のかきつばた賞を避けて短距離路線へ目を向けたシーグランディ(高松騎手)も、前走古馬A級で初の3着と上昇ムード。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/06/09(土) 13:43:45|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

05月 « 2012年06月 » 07月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search