FC2ブログ

川崎のミスシナノが留守杯日高賞を優勝

 4月30日の水沢競馬場メインレース、グランダムジャパン2012、HITスタリオンシリーズ、JBC協会協賛、第12回留守杯日高賞(タニノギムレット賞)は満開の桜をバックに行われ、川崎から遠征のミスシナノが優勝しました。

スタート地点


一周目
 絶好枠1番が当たったサブリナラッシュの逃げが予想されましたが、好スタートからハナを切ったのは高松騎手が騎乗する笠松のセントウイナー(6番、黄帽)。サブリナラッシュ(1番、白帽、菅原俊吏騎手)が2番手となり、外から押してミスシナノ(11番、桃帽、佐藤博紀騎手)が3番手を確保。


 サブリナラッシュが3勝すべて逃げ切りなら、セントウイナーも同様。高松騎手は「できるだけ前へとの指示で、ゲートも悪いので気をつけていたのですが、スタートは速かったですね。サブリナラッシュより全然速かったです。(ハイペースでも)気分良く走らせようと思い切って行きました」。4月9日のあやめ賞(1400m)はサブリナラッシュが前半600m37秒3で飛ばして後続を離す一方でしたが、日高賞は前半600mを36秒3とさらにハイペース。これを3番手の外からミスシナノが追いかけ、流れはあまり緩みません。


あと100
 3コーナーあたりからミスシナノが外からジワジワと先頭をうかがい始めて、サブリナラッシュは後退。渋太く食い下がるセントウイナーをミスシナノが交わして先頭。外からドクトルコスモ(緑帽、小林騎手)、さらに大外へ大井のラブミーアゴー(赤帽、村上騎手)。上がり600mは41秒0とかかっているが、後続も脚を使っており差は詰まらない。


ゴール
 ミスシナノが2分の1馬身抜け出したところがゴール。


装鞍
 「勝つつもりできたのでうれしいです。調教には何回か乗っていたのですが、なかなかクセがつかめなかった。前に乗っていた的場文男さんがソラを使うとか、遊ぶところがあるというので気をつけていました。道中の手応えが良かったですし、追い出しての反応も良かったのですが、そこから伸びが一息で最後は後ろからの脚音が聞こえてきました。初コースでしたが、物見もせず手前も変えてくれたし、素直に折り合ってくれました」、重賞2勝目という佐藤博紀騎手。


口取り
 「今日のレースを見ていてある程度は前へ行かないとと思い、外枠は不利でしたがなるべく前へとの作戦で好位置がとれたので、佐藤騎手の好騎乗だったと思います。(小向トレセンの)調教は1日おきに右、左(回り)と変わるので、右回りで追い切って(初めての右回りも)心配していませんでした。(輸送減りを考慮して)2日前に輸送しましたが、着いた後に喰わなくてマイナス11キロだったのは少し心配だったですね。前回(クラウンカップ)から比べて相手関係も良かったですから。ここまで使い詰めできていたので、馬の様子を見てからですが、2ヶ月くらい休ませるかもしれません」と高月賢一調教師(向かって左)。クラウンカップ出走の時点で選定が決まっており、そこから日高賞へ向けてキッチリと一つ一つの条件をクリアして力を出したという印象を受けました。


 観戦記を書かせていただきましたので、こちらもご覧下さい。
web Furlong 2012


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2012/05/01(火) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

04月 « 2012年05月 » 06月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search