FC2ブログ

サファイア賞は芝2400mに波乱があるか?

 8月7日盛岡競馬のメインレースは3歳馬による、芝2400mの特別競走サファイア賞。3歳戦としては年1回、古馬もかきつばた賞とせきれい賞の2回だけという特殊な条件のレースです。

 どの馬にも距離実績がないので、どうしても過去の芝実績だけで予想印はつけざるを得ませんが、過去4回の勝ち馬を見ると、マツリダワルツ、コンバットキック、センリグランピー、ゲンパチオブラヴといかにも距離の保ちそうなタイプ。そしてセンリグランピー、ゲンパチオブラヴは今日土曜日10、11レースの連対馬。夏競馬に対する強さも、分析の大きな要素になりそうです。

 筆者は血統だけで予想をするタイプではありませんが、過去の競馬歴を振り返る時に少しでも血統を覚えておれば、記憶に広がりを持たせられることは間違いありません。菊花賞や3200の天皇賞が大好きでしたから、その時だけは「菊花賞の秘密兵器」を勝手に何頭もこしらえて、神戸新聞杯や京都新聞杯、嵐山ステークスを楽しみに観戦したものです。もはやインターメゾやノーアテンション、ボンモーなどといった名前では予想もできず、出走全馬がサンデーの孫というようなレースもあるそうですから、今はそういうことで競馬を楽しむということはできなくなりました。サンデーサイレンスは凄いです。


シーグランディ
 と、いくら語ろうが最も注目を集めるのはシーグランディ(菅原勲騎手)の出走です。重賞制覇へのチャンスだったオパールカップはよもやの3着。佐藤雅彦調教師は大外枠へ入ったことをしきりに悔いていました。観戦する側からは「不動の本命」でも、遠征馬が加わり力関係も微妙という時には僅かなロスが勝敗を分けるということをハッキリ見せつけられました。
 その2400mに対して佐藤雅彦調教師は「こなすとは言えないんだろうけれど、スローの終い勝負になるのだろうし…」なんとかなると言いたげ。岩手競馬の開幕からは結構ローテーションも詰まっていますが「内面には疲れがあるのかもしれないんだけれど、今のところそれを外には見せないんだよね。食いも良いしね」と状態面の不安点はないようです。
 シーグランディは秋の大目標が10月23日のOROターフスプリント(芝1000m)というのですから、2400mが好条件ではないでしょう。それでも中心になるのがこの馬であることは間違いありません。このあとは芝の適鞍はしばらく無くなりますが、ローテーションについて「1000mは目標だけれど、そうなると不来方賞(その翌日)は使えない、またダ-ビーグランプリもあるしね。そのあたりはこれからオーナーに悩んでもらいましょう」と笑っていました。


バクソクトレイン
 近走の勢い、また血統的な魅力の両面で浮上してきたのはバクソクトレイン(鈴木厩務員、実戦は木村騎手))です。ヘブンオンマッハとの併せ馬を見に、記者席前まで上がってきた鈴木厩務員が「いい勝負になると思うんだけど」という問いに、筆者は「ヘブンオンマッハ(こちらも好調、土曜日快勝)との二段駆けならどうだ」と笑っていましたが、6月と前走の芝条件戦でともに2着。特に前走の直線一気は目立ち、転入当初からのスピード馬というイメージは消え去りました。加えて父タップダンスシチー、母父トニービンであれば、左回り2400mは格好の舞台ではないでしょうか。


リュウノキャンドル
 リュウノキャンドル(太田厩務員、実戦は菅原俊吏騎手)は芝初めてでその能力は全くの未知。船橋所属で出走した留守杯日高賞を1番人気(4着)となった馬に、転入初戦が3歳B1級というのは役不足だとばかりに、アッサリと差し切りを決めました。激しい気性のこのタイプは芝は勢いでこなしてしまうことが時としてあります。このあたりは明瞭に説明できる根拠はありませんが、あくまで経験則です。ただ、そうであったとしても2400mは課題になるように思います。


スパルタン
 ジャパンダートダービー(14着)以来となるスパルタン(陶騎手)。直前の追い切りは文句なしに動き、疲れを感じさせません。芝1000mで認定勝ち、長い距離は2000mのダイヤモンドカップ2着という実績がうまく組み合わされれば、ここで通用するという計算ができます。


 ちなみに、はまなす賞2着、オパールカップ4着、フレンドリートロフィー3着のラブミープラチナは、次週古馬相手の桂樹杯(芝1600m)に登録があります。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/08/06(土) 19:45:44|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2011年08月 » 09月
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search