FC2ブログ

リュウノキングダム大外一気、菅原俊吏重賞初制覇!

 1月10日に水沢競馬場で行われた、東京スポーツ新聞社杯、第11回トウケイニセイ記念は7番人気のリュウノキングダムが直線大外を一気に伸びて差し切り。鞍上の菅原俊吏騎手は重賞初制覇となりました。

ゴール

あと100

大外一気
 最内から4着ジョウテンロマン(黒帽、阿部騎手)、2着ゴールドマイン(白帽、菅原勲騎手)、3着マヨノエンゼル(桃帽、坂口騎手)、1着リュウノキングダム(緑帽、菅原俊吏騎手)、5着ポアントゥブルボン(橙帽、村上騎手)

 ビュレットライナーの逃げでレースが始まりましたが、ダイメイジュエリー、ゴールドマインと目まぐるしく先頭が入れ替わる激しい展開。「2、3番手でレースを進めたかったが、出たなりの位置で」(菅原俊吏騎手)レースを進めたリュウノキングダム。ゴールドマインを前に見て「外へ出したかった」と馬群の外へ出してグイグイ進出を開始。ゴールドマイン、マヨノエンゼルなどの争いになりそうなところへ、まさに大外一気の差し切り。ゴールでは高々と手が挙がりました。

返し馬
 返し馬のリュウノキングダム

肩掛け
 桐花賞前にも「見限れない」としていたリュウノキングダム、見事に今回見限ってやられました。当日になっての気合いで結果が一変するタイプであり、印を入れる段階ではなんとも判断の難しい馬です。まして今回は雪による馬場悪化もあり、評価の見直しもできませんでした。上の画像と比べて馬体の汚れ方に注目。

標準装備
 菅原俊吏騎手も、勝負服がなければ誰だかサッパリ分かりません。でもこれが冬の岩手競馬の標準装備です。

菅原俊吏
 これが菅原俊吏騎手の素顔です。重賞初制覇となりました。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2011/01/10(月) 19:51:33|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

12月 « 2011年01月 » 02月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search