FC2ブログ

9月12日フューチャー競走の出走馬紹介

 9月12日の水沢競馬第4Rでフューチャー競走(2歳新馬戦)が行われます。ここへの出走馬を紹介します。


ハツノミスティ
 ハツノミスティはHBAトレーニングセールでの購買馬。父ブラックタキシード、母父モガミです。伯父にラジオたんぱ賞、京都新聞杯をともに逃げ切り、「サクラが満開になった」菊花賞を6着に粘ったレオテンザンがいます。能力検査はデビュー2連勝ベストマイヒーローの2着、直前の併せ馬も余力十分で上昇を示しています。


コウギョウポイント
 コウギョウポイントは父ロージズインメイ、母父ブライアンズタイム。能力検査、直前の追い切りと好時計で快走し、初戦から突っ走りそうな勢いです。3代母がロイヤルコスマー、桜花賞トライアル、桜花賞とともにエルプスの逃げ切りを許して惜しい2着でした。今のようにダート路線が整備されていれば活躍できた馬であったと思います。


リュウノコンドル
 リュウノコンドルは父ボーンキング、母父ノーザンテーストで母ケイアイバルーンは櫻田浩三厩舎で盛岡芝1000mの新馬戦を勝ち、JRA遠征もしました。今年開業の板垣吉則厩舎から初の2歳馬デビューとなります。


ワタリハヤタケ
 ワタリハヤタケは父デビッドジュニア、母父クリスタルグリッターズ。デビッドジュニアは今季2歳馬デビューの新種牡馬で、ゲンパチマイラヴというどこかで聞いたことのあるような名前の馬(ゲンパチオブラヴの妹)がデビュー2戦目でJRA未勝利戦を勝ちました。母母マリキータは新潟3歳S勝ち、超快速馬としてデビュー時から話題になった馬でした。


サクラルージュ
 サクラルージュは父ヘクタープロテクター、母父ティッカネン。母系はアンジェリカ、スターロッチからクレイグダーロツチへたどるサクラ血統。母サクラファンタジーは芝の王者ボスアミーゴの姉になり、芝ダートともに活躍が期待されます。能力検査が6月18日で間隔が空きましたが、直前はかなり乗り込んできました。


パラダイスアンダー
 パラダイスアンダーは父パラダイスクリーク、母父マヤノトップガン。母アンダーコハクは佐々木修一厩舎でフレンドリーT含む2勝。中山牝馬S、エプソムCと重賞2勝ソウシンホウジュの仔ということで当時も話題になりました。能力検査の内容は文句なしでした。


リュウノヨシミ
 リュウノヨシミは父アグネスフライト、母父マルゼンスキー。能力検査の内容は少し平凡。芝色の強い血統構成でもあります。兄に名古屋、大井、宇都宮などで12勝のダイマジンオー、宇都宮記念3着、とちぎスプリンターズ天馬杯2着などがあります。


パーフィー
 パーフィーは父ティンバーカントリー、母父ダンジグ。一度目の能力検査は不合格でしたが、これは気性の悪さが出たもののように映りました。二度目は好タイムで合格しましたから能力面では見劣りないはずですが、すでにチークピーシズ着用という面は記憶しておいた方が良いかもしれません。兄ブルーカントリーはJRA認定含む5勝、川崎の全日本2歳優駿JpnI(9着)に出走しました。



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


←ぜひクリックで一票をお願いします

                拍手も1クリックお願いします↓


  1. 2010/09/11(土) 20:26:01|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

08月 « 2010年09月 » 10月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search