FC2ブログ

山本聡哉の笠松奮戦記

 前回の続き・・・

登場
 1月17日からの開催で、笠松・加藤幸保厩舎に短期所属で騎乗をはじめている山本聡哉騎手。「上位の騎手しか乗せない厩舎だそうですが、頑張ってもらってほとんどの馬に乗せてもらっています。ただ、(短期所属を)あまり知られていなかったのか、他の厩舎の馬がいないんですよ」と。それでもこの日は後半レースに自厩舎の馬が揃って3騎乗、尾島徹騎手や山口竜一騎手からの乗り替わり。加藤幸保厩舎は昨年リーディングトレーナー笠松4位、なかなか責任重大といえる。

バス
 例のバスに乗ってパドックへ向かう

8R返し
 8Rの返し馬

8R直線
 8Rベルネージュ(5着)

9R返し
 9Rの馬場入場

9R
 9Rアトラクティヴ、逃げ粘って2着

10Rパドック
 10Rのパドック

10R
 10R睦月特別、トップコネクション(7着)

 「水沢の後半からスタートが悪くて、笠松でも初め3日くらいダメだったんですが、だんだん良くなってきました。3コーナー手前での動き出しが早くて、レースは面白いですが馬には結構負担がかかります。レースの流れもつかめてきましたし、メンバーの力差も少ない。次開催からはもっと乗り馬を増やせると思いますからがんばりますよ」

 1400mのスタートから1コーナーまでの距離の微妙な長さや、勝負処の仕掛けるタイミングなど水沢との違いがあるとはいうが、笠松のレースの流れは聡哉に合うような気がする。この日もスタートをキッチリ決めて好レースに持ち込んでいたし、次開催からはさらに活躍が期待できるのではないか。こちらもカネさえあれば、高松亮騎手の名古屋と合わせて3月までずっと見ていたい気分だ。
 笠松の次開催は2月7日(日)から12日(金)までの6日間連続開催。11日が休日なので12日に休みを取れば4連休という方も少なくないだろう。高速1000円ルールを上手く使えば、岩手からでも安く観戦は可能。12日は3歳の重賞、第34回ゴールドジュニア。全日本2歳優駿を勝ったラブミーチャンも出走予定(ここからJRA桜花賞TRへ向かうとのこと)と早々と宣伝されている。

ラブミーチャン





ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


ぜひクリックで一票をお願いします



  1. 2010/01/22(金) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

12月 « 2010年01月 » 02月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search