FC2ブログ

3歳馬の有利さ再確認

 8月31日で第6回水沢競馬が終了。今回は3歳馬が古馬のクラスに編入され、その動向が注目された開催でした。ここで3歳馬が出走したレースの結果を簡単にまとめてみます。

各レースでの3歳馬の最高着順を星取り表形式にしました。
○=1着、△=2着、●=3着以下

C2級=○○●○○●△○○○●○○○○○△●△
(C2級は1開催2出走のため、8月22日から24日までに限定)
C1級=●●●△●
B2級=●●○●△
B1級=●△
オープン=●○

 C2級では黙って3歳馬を狙っていけば6割以上の勝率、軸馬は選びやすかったのではないでしょうか。C1級が意外に不振でしたが、頭数そのものが少なかったようです。
 上級でもB2級はセイウンエースが勝って、ローズヘイローが2着。B1級はマーチボーイがA級との混合戦で2着、最終日のすずらん賞で世代ナンバーワンのマヨノエンゼルが古馬トップクラス相手に3キロのハンデをもらいながらも3馬身差の完勝で開催を締めくくりました。

 単に賞金計算法が有利との見方もあるでしょうが、すずらん賞のマヨノエンゼルのような例は過去に少なく、今年の3歳トップは少なくとも近1、2年のトップよりは強いように思われます。これがマヨノエンゼルだけなのか、世代全体に渡っていえることなのか、今後も注視を続けたいと思います。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/09/03(木) 20:40:29|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

08月 « 2009年09月 » 10月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search