FC2ブログ

ビューチフル・ドリーマーカップはクインオブクインが快勝!

 8月30日に水沢競馬場で行われた、スポーツニッポン杯、第35回ビューチフル・ドリーマーカップ(社台SS協賛 ローエングリン賞)は、単勝式で64.8%、複勝式ではなんと90.8%の圧倒的支持を受けたクインオブクインが4馬身差で優勝。自身9つ目の重賞タイトルとなりました。


直線
 快調に飛ばすジュリア(橙帽・斉藤騎手)を直線半ばで捕らえるクインオブクイン(赤帽・村上騎手)。大外から追い込むマツリダワルツ(黄帽・南郷騎手)、その内がサクラアリエル(桃帽・関本浩司騎手)。

 「前へ行きたい馬がいるようだから、その後ろに…」(村上忍騎手)という位置取りは予定通りだったようだが、「ペースは遅かったと思うけど、すっかり折り合ってしまって手応えが・・・。前に併せていけば(手応えが)良くなりましたね」。ジュリアを交わす時にはステッキも入ったが、あとは楽に抜け出して4馬身、余力十分のゴールでした。涼しく、過ごしやすい気候になっての復調も大きな勝因であったでしょう。

 2着争いはゴール前でマツリダワルツがジュリアを捕らえました。マツリダワルツは今でこそ420キロ台の馬体ですが、連戦の続いた3歳時には400キロを割ることもありました。切れる牝馬にはそういうタイプが良くいますが、それにしてもこの馬の直線の頑張りには頭が下がります。


口取り
 記念写真を撮る周辺からは「おとなしいね、写真を撮られるのに慣れてるんだなー」との声も。パドックから、本馬場入場でぶっ飛んでいく姿からは想像もつきませんが・・・。
 一方、緊張の解けた表情は櫻田康二調教師で、最大の目標であったレースをクリア。2007年4月の厩舎開業から、3年目で重賞初制覇となりました。


横


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/09/01(火) 12:02:35|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

08月 « 2009年09月 » 10月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search