FC2ブログ

8月16日第4レースの出走馬紹介

 前回に引き続き、8月16日盛岡競馬4Rフューチャー競走(2歳新馬戦)の出走馬を紹介します。


プラウディア
 プラウディアは能力検査こそ平凡でしたが、兄に超堅実グラスホープ。父がジェリ、母父ブライアンズタイムとなると、ダート色が強いような気がします。


コウギョウダーク
 コウギョウダークの父はダイタクバートラム。芝適性はあるでしょうが、1000mでは距離不足のような印象です。仕上がり面でも、なにか晩成型のような雰囲気です。


コンバットジェット
 コンバットジェットの父はアルカセット。今日もHBAトレーニングセールからの出走馬が何頭かいますが、その中では高額で取引された注目の一頭です。姉ダンストンシリウス、兄マツリダガッツ。能力検査、追い切りと素質を感じさせます。


サクラエルセダン
 サクラエルセダンもトレーニングセール出身馬。能力検査の時計は少し要していますが、セール時の展示タイムでは、他とさほど変わりがありません。父アサティスを母父リアルシャダイで芝適性をカバーできるかがポイントです。


リュウノゴールデン
 リュウノゴールデンは父デザートストーリー、スタートさえ決めれば能力検査の時計は詰まりそうですし、血統的に芝1000mもプラスになるように思われます。


アンダーフジコ
 能力検査で手応え良く1着となったアンダーフジコ。母母はミューゼスで母インペリアルクロスはカツヤマリュウホー(盛岡芝1000mのレコードホルダー)の妹。高崎から佐藤浩一厩舎にやってきて、菅原雅文騎手や渡邊騎手で通算12勝。きょうだいに、リバティレッグやグレイスキッスがいます。父ヘクタープロテクターで、デビューから走ってきそうな血統です。


トーセンボルテージ
 トーセンボルテージは先のトーセンペレに続いてトーセンダンス産駒。こちらは420キロ台と小柄ですし、初戦向きという意味ではこちらの方が良さそうです。



ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/08/15(土) 20:49:22|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2009年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search