FC2ブログ

ひまわり賞、牝馬二冠なるか!シルバーカテリーナ

 7月26日の盛岡競馬メインレースは、日刊スポーツ杯第23回ひまわり賞(社台SS協賛・トワイニング賞)です。

 注目を集めるのは文句なしにシルバーカテリーナ、一冠目の留守杯日高賞を快勝し、昨年のカネショウプルートに続く3歳牝馬二冠を目指します。


シルバーカテリーナ

 4月6日のあやめ賞、5月3日の留守杯日高賞を見る限り、同世代の牝馬には敵のいない印象のシルバーカテリーナですが、今度の舞台は盛岡ダート2000m。牡馬に挑戦した岩手ダービー・ダイヤモンドカップが直線でバッタリと脚が止まってしまっただけに、距離克服に対してはまだ課題が残っているといえます。
 ひまわり賞は10年ぶりの盛岡開催になりますが、過去22回は盛岡の1800mか、水沢の1800、1900m戦。2000mとなるのは今回が初めてです。JRAの牝馬路線が、1600mの桜花賞から2400mのオークスに距離が伸びて時折波乱が起きるのと同様、この距離延長に少し怖さが感じられます。

 ただ、シルバーカテリーナに次ぐ存在はほとんど横一線。日高賞4着で条件戦連勝のアンダーゴールドや日高賞3着のテンショウスズランあたりとにらみましたが、出走9頭中7頭は距離経験が1600mまでであり、簡単に結論づけられません。シルバーカテリーナ一頭軸でも、高配当を狙う手は十分に考えられると思います。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/07/25(土) 16:50:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2009年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search