FC2ブログ

レコードに挑戦、芝1000m特別、姫神賞

 7月25日の盛岡競馬メインレースは、芝1000mの特別戦、姫神賞(B2級)。立夏賞(ダート)、FM岩手杯(芝)と1000mの特別を2勝したスペシャリスト、ウメノレイメイが登場します。


 ウメノレイメイの調教は水沢競馬場のだれよりも早い一番手。場内照明がつくかつかないかという時刻に馬場へあらわれます。

点灯前
 場内照明がつく前に撮影したものです。もちろんブレブレですが、今時のデジタルカメラはよく撮れるものです。


点灯後
 照明がつくとこのように撮影ができます。これでも以前では信じられないことですが・・・(騎乗は皆川麻由美騎手)。


 ウメノレイメイを担当するのは浅間勝美厩務員。天皇賞馬テンメイが岩手へ来た時の担当としても有名ですが、現在の盛岡芝1000mのレコードホルダー、カツヤマリュウホーの担当者でもあります。
 カツヤマリュウホーが1996年7月21日に樹立したレコードタイムは57秒8ですが、前走FM岩手杯は58秒3と0.5秒差にまで迫りました。土曜日の盛岡競馬場はちょっと馬場悪化が予想されますが、この後の盛岡芝1000mレースは

10月 4日 ハーベストカップ(B1)
10月24日 きんもくせい賞(オープン)

の2レースがあり、まだレコードへ挑戦の機会が残されています。カツヤマリュウホーのレコードを、また浅間さんの愛馬ウメノレイメイが追いかけるとは、なんとも不思議な巡り合わせを感じさせます。



ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/07/24(金) 21:48:41|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2009年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search