FC2ブログ

オパールカップも終わりました

 7月12日に盛岡競馬場で行われた、3歳芝の重賞、IAT杯・第10回オパールカップ(HBA協賛、アドマイヤボス賞、菊花賞ステップ競走代表馬選定競走)は大井から遠征のエイブルインレースが優勝しました。


口取り


馬体重
 馬体重の計量を待つ同じマスクの2頭。前がエイブルインレース、後ろがフレンチマリー。


エイブルインレース
 3月以来の実戦となったエイブルインレースは、馬体重プラス20の484キロ。昨年見た時もそうでしたが、牝馬とは思えぬ体つきでした。スッと2番手をとって楽に抜け出し。今後は秋華賞を目指してJRA挑戦ということになりそうです。


フレンチマリー
 きれいな栗毛馬の船橋、フレンチマリーが2着。芝のレースは2回目でしたが、前走が川崎の古馬B3特別で2着なら純粋に地力上位でした。


エンジンソウル
 浦和のエンジンソウルも初めての芝ながら0.3秒差の際どい4着でした。


センリグランピー
 直線入り口で一度は先頭に並びかける大きな見せ場を作ったのはセンリグランピー(3着)。「向正面で外に出して追い込んでいくという指示だったのですが、走りましたね」とは菅原俊吏騎手。戦法自体はいつも同様だが、むしろダート戦よりスムーズな追い上げ。ペースがそう緩むこともなく、他には後方から差してくる馬がいなかっただけに、センリグランピーの伸びがより目につきました。これまで芝では若鮎賞6着、ジュニアグランプリ8着、黄菊賞5着と平凡な数字しか残っていなかっただけに、正直驚かされました。南関東勢の上位独占を阻止し、馬券的にも三連勝式の一角に食い込んで大健闘といえるでしょう。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/07/14(火) 14:46:18|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2009年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search