FC2ブログ

短距離決戦、岩鷲賞をズバッと斬・・・れない

 7月5日の水沢競馬メインレースは、奥州市長杯第41回岩鷲賞(デュランダル賞・クラスターCトライアル)。岩手競馬では不来方賞とならび、最古の歴史を誇る伝統の重賞競走です。

 出走馬は遠征馬なしの10頭立てですが、トライアル早池峰賞組か、みちのく大賞典ら重賞の常連組か、力量比較の実に難しい一戦となりました。


フリーモア
 トライアルの早池峰賞を鮮やかに逃げ切ったのはフリーモア。JRA1000万級からの転入初戦が1800m戦とはいえ8着惨敗。短距離実績は豊富にあったようですが、続く早池峰賞では印が打てませんでした。まだ復調途上との印象も受けますが、それでも中間の動きは上昇を感じさせるもの。200mの距離延長ですが、早池峰賞の走りを信頼することにしました。今回は内田利雄騎手の騎乗となり、重賞タイトルのチャンスが巡ってきました。

 評価に悩むのはアンダーボナンザですが、2000mのみちのく大賞典よりは、1400mの今回の方が走りやすいでしょう。昨年の白嶺賞以降、地元馬同士であれば大きな崩れはありませんが、先行勢の流れになった際に1400mで差し届かぬ不安があることは否めません。

 メタモルキングは春先の不振から立ち直り、早池峰賞は2年連続の2着。1600m9勝の実績はありますが、血統的なものも含めてベストはスプリント戦であるように思います。傑出馬不在と思えるメンバー構成だけに、この馬にとっても重賞制覇のまたとないチャンスであるといえます。


トーホウライデン
 昨年、盛岡1200mで優勝のトーホウライデンは、コースを変えて変則連覇を狙います。昨年秋の、園田JBCスプリント出走後不振に陥っていましたが、ジワジワと調子を取り戻してきました。現在は盛岡コースの方が良い印象ですが、いかにもここを狙っていると言わんばかりの乗り込みです。

 他にもサイレントエクセルグッドストーンを押さえに、リュウノツバサには印が回りませんでした。ここまでは流れ次第で十分チャンスがあると見ます。新聞紙面上ではなかなか説明できませんが、同じように印が付いていてもこういう歯切れの悪い場合があるということを、ご理解いただければと思います。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/07/05(日) 00:00:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2009年07月 » 08月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search