FC2ブログ

カネショウエリートが笠松・オグリキャップ記念に挑戦!

 4月29日の笠松競馬、オグリキャップ記念に水沢からカネショウエリートが挑戦します。

カネショウエリート

 カネショウエリートは昨年、芝のきんもくせい賞とダートの桐花賞の2重賞を優勝して、最優秀古馬に表彰されました。この春2戦はともに5着止まりですが、シーズン開幕前から畠山信一調教師は「春先の水沢は特別、重賞で1600m戦が続くのがどうか?。それならばJRAの芝に挑戦するか、ダートの長距離で中央の馬がいない地方交流で良いレースがあれば・・・」と遠征も考えている様子でした。地方全国交流、ダート2500mというオグリキャップ記念は面白い条件といえます。

 オグリキャップ記念は1992年にスタート。全日本サラブレッドカップの条件を引き継ぎ、1995年から2004年まで中央・地方全国交流で行われ、グレード制導入後はGIIの格を持っていました。2005年にグレードを返上しましたが、昨年からは地方全国交流と再び交流範囲を広げ、2500mの距離も復活。1988年、全日本サラブレッドカップ創設当初の条件に戻りました。岩手の南部杯やダービーグランプリなどと同様に、ダート全国交流の礎となるレースの一つです。

 ダート長距離の交流重賞は全国でも数少なく、これを目指して全国から集まってきたメンバーは実にバラエティに富んだものになりました。最近の成績も快進撃中と思えるものはおらず、正直なところどの馬が人気になるのか見当がつきません。もちろんカネショウエリートにもチャンスがあると思えます。地方競馬が生んだ名馬オグリキャップの名を冠するレースなら、メイセイオペラ産駒のカネショウエリートに夢を託しても良いのではないでしょうか。



ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/04/28(火) 10:35:12|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

03月 « 2009年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search