調教始め式が行われました

 春の競馬開幕までいよいよ1ヶ月を切り、水沢競馬場では「調教始め式」が行われました。

ばれき

二

三
 村上昌幸調教師


 式が終了し、「馬場清め」の後にコースが開放されました。金、土と大量に降った雪こそ除去されましたが、馬場には水が浮く「不良」の状態。多くは屋内馬場で乗り込まれていました。


パドック
 除雪されていないパドックなどはごらんの通り。

トレスマ
 先頭を切ったのは、坂口騎手とトレジャースマイル。

 その後はデビュー前の2歳馬が多く馬場に入ってきました。

二頭
 左・酒井仁厩舎(父トウカイテイオー)、右・瀬戸幸一厩舎(父マーベラスサンデー、2月9日に紹介


ジェリ
 菅原右吉厩舎(父ジェリ)

 いよいよこれから調教のピッチが上がっていきます。
春の水沢競馬開幕は3月20日です。


ぜひクリックで一票をお願いします


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2009/02/23(月) 13:42:20|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

01月 « 2009年02月 » 03月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search