FC2ブログ

9日の新馬戦出走馬紹介

 11月9日の水沢競馬3R、フューチャー競走(2歳新馬戦)の出走馬をご紹介します。


カヤドーカレン
 カヤドーカレンの母キープイットアップは名牝イットーの末娘、ミスマルミチ-キューピットと遡る「華麗なる一族」。ということで叔母にハギノトップレディ、叔父にハギノカムイオー、岩手でも活躍したフジノカズサオーです。となれば、期待するのは華麗な大逃げですが…。


リリーミッション
 能力検査の内容が良く、仕上がりが進んでいる印象を受けたリリーミッション。父フィガロは少ない産駒から東京ダービー馬アンパサンドを出しています。


グレートホース
 グレートホースはHBAトレーニングセールでの購買馬で、水沢へきた時から注目を集めていた馬。能力検査からチークピーシズを着用しており、少し気難しさもあるようですが、ジックリと乗り込まれてデビュー戦を迎えました。


フジライトニング
 フジライトニングは父アドマイヤボス、母父オペラハウスと盛岡の芝が合いそうな血統構成。能力検査は平凡でしたが、前開催抽選モレの分乗り込んで調教内容は良くなりました。


リュウノコーチ
 リュウノコーチも前開催抽選モレ。その時はまだ重苦しさを感じる動きでしたが、2週間で良化を伺わせています。


ロックオペラ
 栗毛、鮮やかな流星、三長白と目立つ馬体のロックオペラ。能力検査、調教内容とも優秀です。母ノーブルメロディーはベガ、ホクトベガの世代でクイーンSはユキノビジンの3着、エリザベス女王杯も4着しています。


トーホクハルカゼ
 トーホクハルカゼはニューイングランド産駒、3代母がクリアアンバー(アンバーシャダイの母)で社台ブランドにつながります。能力検査は上々で仕上がりは早そうです。


スイッチスタイル
 スイッチスタイルの能力検査は9月12日。その時の内容は平凡でしたが、10月中旬から攻め馬のピッチが上がり、直前になってグッと上昇してきた印象を受けます。




 よかったらクリックしていってください


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2008/11/08(土) 19:43:42|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

10月 « 2008年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search