FC2ブログ

26日の新馬戦出走馬紹介

 26日の盛岡競馬は3Rにフューチャー競走(2歳新馬戦)が行われます。今週で本年度の盛岡開催は終了しますので、芝1000mでの新馬戦もこれが最後です。水沢からの出走馬6頭を紹介します。


トーホウジュエル
 トーホウジュエルは、父トーホウエンペラーの栗毛馬。いくぶん太く見せた能力検査はゴール前でスピードを緩めるほどの余裕。芝が合うかどうかがカギになりそうです。


マンダリン
 マンダリンは同厩舎に兄ブラックドーンがいます。能力検査は平凡でしたが、前回が抽選モレ。その分乗り込みが進み、併せ馬も好内容。芝向きの血統でもあり、大きく評価を上げてきました。


リュウノモトナリ
 リュウノモトナリはウェイオブライト産駒らしい好馬体。能力検査は前開催勝ったドリームフラッグと互角の内容。追い切りも申し分ありません。芝さえ合えばアッサリまでありそうです。


 クンボク
 クンボクは春先から乗り込みを進めていましたが、デビューまでに少し時間がかかりました。8月14日の能力検査からも間隔が開いており、素質面は別としてなんとか間に合ったという印象です。


マクロカテリーナ
 マクロカテリーナは10日の能力検査で好スピードを披露して1着。父サクラローレル、母父ニホンピロウイナーと芝でのスピードもありそうで、1000mを一気に決める可能性は十分あるでしょう。


 タヤスメロディ
 タヤスメロディは見栄えのする黒鹿毛馬。タヤスツヨシは一見ダート色が強いですが、セイントリーフ、ダイヤモンドヒカリ、コンバットキックなどが活躍しており、盛岡の芝で特異的に強い血統です。



 よかったらクリックしていってください


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2008/10/25(土) 15:35:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

09月 « 2008年10月 » 11月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search