FC2ブログ

ダークマターが水沢へ転入

 JRA4勝馬ダークマターが千葉四美厩舎へ転入。8月1日の発走調教検査を関本浩司騎手で走りました。

ダークマター 千葉四美調教師によればツメに不安があったそうですが、今は走れる状態。「南関東でも結果が出ていないし、走る気持ちの方が…」とのことですが、岩手であれば芝という選択肢もあります。青葉賞やセントライト記念を走った馬だけに、再生の可能性に期待したいと思います。

 母パローニアクレストも千葉四美厩舎で走り、1998年のビューチフル・ドリーマーカップを勝つなど40戦13勝の成績を残して繁殖入り。そして今年は、ユニコーンSを圧勝したユビキタスの母としても再び名をあげました。




 この日の発走調教検査では、一旦金沢へ移籍していたニシノドコマデモが佐藤浩一厩舎に戻ってきており、牧野騎手で合格しています。

ニシノドコマデモ

 
 出否は未定ですが、ダークマター、ニシノドコマデモともに8月17日(5日目)8RのA級一組戦に登録があります。




 実績馬といえば、8月4日のA級一組戦では、転入初戦のソーユアフロストが直線大外を鮮やかに伸び、サンシャインヘイロ以下をぶっちぎりました。

ソーユアフロスト (画像提供、横川典視氏)


 レース前はダート実績の少なさからか「正直、自信はない」という佐藤雅彦調教師でしたが、今日話を聞いたところではさすがに満足気。「(初戦がだめなら)盛岡では芝とはっきりするけれど、これだけ走るのであれば、すずらん賞から青藍賞という路線もある」と、選択の幅が広がってかえって嬉しい悩みを抱えた様子。次走以降の動向に注目しましょう。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/08/07(木) 21:30:23|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2008年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search