FC2ブログ

8月31日、新馬戦の出走馬紹介

 夏の水沢開催も最終週に入りました。日曜日、8月31日のフューチャー競走(新馬戦)の出走馬をご紹介いたします。今回は出走8頭すべてが水沢所属馬となりました。


テバギア 能力検査を楽に通過したテバギア。前開催が抽選もれでしたがその後も順調な乗り込み。ジョリーズヘイロー産駒だけにダート850mは合いそうです。


ローズラン
 ローズランはHBAトレーニングセールの購買馬で、能力検査から抜群のスピードを見せてきました。その時はいくぶん身体を立派に見せていましたが、ジックリ間隔を取って乗り込んでいます。その間の調教内容も文句のないものです。


トーホクエンプレス トーホクエンプレスは能力検査から間隔が開きましたが、今回は態勢が整いました。能力検査は新馬圧勝、りんどう賞2着のマーチボーイに離されましたが、スタートさえ決めれば時計はもっと詰められそうです。(能力検査は山本聡哉騎手、実戦は村上騎手)


アイビー 一度で覚えることのできる派手な顔立ちのマーチボーイ。能力検査では馬なりで後続をぶっちぎりました。馬場状態を考慮すればタイム面の見劣りはないはずです。(能力検査は千葉淳志騎手、実戦は小林騎手)


テンショウスズラン テンショウスズランは前開催抽選もれ時でも仕上がりの良さが感じられました。いきなりからスピードが生かせそうな印象です。


カヌマサクラ カヌマサクラは兄弟馬カヌマビート、カヌマシャガールも同厩舎で活躍。母カヌマスキャンも栃木での活躍馬、5代母がシラオキと実に魅力的です。


ヴィクトリーフレア ヴィクトリーフレアは10歳となっても活躍するデュアルライフの妹になります。ジックリ乗り込まれれてきましたが、能力検査後グッと良化してきた印象を受けます。(能力検査は阿部騎手、実戦は山本聡哉騎手)


カヌマバイドオー 廃止となったダービーグランプリを圧勝したレギュラーメンバーの仔であるカヌマバイドオーですが、岩手ではなぜかレギュラーメンバー産駒の記憶がありません。初めての出走のような気がします。(能力検査は木村騎手、実戦は関本浩司騎手)



ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください


  1. 2008/08/29(金) 18:15:30|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

07月 « 2008年08月 » 09月
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search