FC2ブログ

浦和の準重賞プラチナカップに水沢から3頭が挑戦

 7月24日浦和競馬、’08プラチナカップに水沢から3頭が出走します。

 プラチナカップは東日本、東海地区交流で、サラ系4歳以上の準重賞競走。フルゲート12頭に北海道、岩手、東海地区各2頭の出走枠がありましたが、北海道からは出走がなく、岩手3頭、東海3頭(笠松2頭、愛知1頭)に。南関東は浦和1頭、船橋3頭、大井1頭、川崎1頭が出走します。

 負担重量は別定で、南関東A1級 55kg、A2級以下 53kg、他地区所属馬は54kg。(牝馬2kg減)
 ただし、平成19年7月23日以降のGI及びJpnI1着馬3kg、GII及びJpnII1着馬2kg、GIII及びJpnIII1着馬1kgそれぞれ加増です。

 昨年のプラチナカップは水沢から4頭が出走、ダンディキングの4着が最高でした。


ダンディ そのダンディキングが草地騎手で今年も挑戦。今季は1勝のみも、水沢1900m、盛岡1800mをレコードタイムで走破。昨年以上の成績を狙える態勢です。


コウベ 短距離路線で惜敗続きのマンジュデンコウベは、菅原勲騎手とのコンビで転入後初めての遠征。シアンモア記念でノムラリューオーを追いつめており、南関東のこのクラスであれば互角に戦える計算です(調教は坂口騎手)。


トウショウ トウショウグローズはA級昇級後は1勝のみで、そのあとは入着止まり。久しぶりの1400mでスピードを生かし切りたいところです。コンビの高橋騎手は昨年同コースの龍泉洞特別をトーホウライデンで制しています。

 7月24日の浦和競馬は岩手地区で場外発売があります。薄暮開催でメイン10Rプラチナカップは17時45分の発走予定です。水沢3頭に応援をよろしくお願いします。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/07/23(水) 18:01:07|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2008年07月 » 08月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search