FC2ブログ

サカラートはまだまだ大丈夫です。マーキュリーカップ

 7月21日マーキュリーカップは、サカラートが久々の勝利を飾りました。


ガッツ


1周目 一周目のスタンド前、ケイエスゴーウェイが先手も、外からフィフティーワナーシンメイレグルスエイシンロンバードも仕掛け気味に上昇し、前半3ハロンは予想以上に速い流れに。


百米 最後の直線、フィフティーワナーサカラートが交わしにかかる。外で粘るシンメイレグルスヤマトマリオン、内からヤマニンエグザルトが迫って3番手も接戦に。


ゴール サカラートがフィフティーワナーを突き放す。中館騎手は「ゲートの悪い馬なので、一番後ろからという選択肢もあった」と。「僕もサカラートもまだまだ大丈夫そうなので…」と独特の語り口で締めたが、中館騎手はJRAリーディング4位(関東2位)。岩手にいる限りそれを実感することはないが、42歳でこの数字は素晴らしい。




 地方勢で人気を集めたのは川崎のシンメイレグルスで4着


シンメイ 的場文男騎手は「いやー4コーナーでは手応えも良く、勝ち負けかと思ったんだけど…」と。的場騎手はこの日他のレースでも騎乗し、抜群の存在感でありました。


ケイエス 高知から長距離の輸送でここに挑んだケイエスゴーウェイ。昨年クラスターカップ5着のような結果は出ませんでしたが、関係各位より岩手・宮城内陸地震に対する義援金の申し出があったそうです。心より御礼申し上げます。




 劣勢と見られた地元岩手勢でしたが、ヤマニンエグザルトがジワジワと伸びて3着争いに加わる5着。


ヤマニン 板垣騎手は「最短距離を走ろうと思っていた」手応え良く内々を追走して、直線も位置を上げてきた。それにしても春先3月開催からフル出場、1200から2000mまでそつなく走り、5月26日のあすなろ賞では水沢1900mのレコード更新と元気一杯。そして今日の好走も見事と言うほか言葉がありません。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/07/22(火) 15:59:43|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2008年07月 » 08月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search