FC2ブログ

7月6日新馬戦、4Rの出走馬紹介

 前回に引き続き、7月6日のフューチャー競走(2歳新馬戦)の2鞍目、4Rの出走馬を紹介します。

 能力検査の成績はこちら
6月6日
6月20日

zeal4_20080704195909.jpg
 ダンストンジールの母タカノガディスは2000年デビュー、野菊賞でメグミウイナーを下し、白菊賞はセイントリーフの2着と2歳戦で大活躍しました。兄ダンストンブレーヴはフレンドリーTで善戦中です。



show.jpg
 ショウスルーは能力検査こそ平凡でしたが、その後の乗り込みは上々。芝向きの父サッカーボーイということで、初戦から意欲満々です。姉フジリバティーも同じ瀬戸厩舎で新馬戦を勝ちました。



family5_20080704200000.jpg
 マイファミリーは父アグネスデジタル。母の母ダニッシュガール、その兄オーバーレインボーと揃って芝道悪の鬼。条件不問の強さを秘めていそうです。能力検査から一開催開けて、ここへ出走してきました。



pega.jpg
 ワタリペガサスは3R出走のワタリシンセイキとともに強め強めを乗り込んできました。能力検査の時計は目立ちませんでしたが、スタートさえ互角ならそう大きな差はないでしょう。



patra6_20080704200052.jpg
 リュウノパトラは能力検査で若さを見せるような場面がありましたが、その割には時計差がありませんでした。父はこのコースに実績のアドマイヤボス。芝で一変の可能性は十分にあります。



ball.jpg
 ロータスボールの父はデビュー時からその名前で話題を呼んだエイシンキンボール(その父キングマンボ)。産駒は2頭しかおりません。うるさい面はありますが、能力検査や乗り込みは上々の内容でした。




ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/07/04(金) 20:13:24|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

06月 « 2008年07月 » 08月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search