FC2ブログ

鮮やか差し切り、ボスアミーゴ

 6月7日に行われた、芝のオープン特別あじさい賞は、昨年度の最優秀ターフホース、ボスアミーゴが鮮やかな差し切りを決めました。

boss_20080610125922.jpg


あじさい賞(6月7日、盛岡芝1700m、オープン)

 ◎ボスアミーゴ
 △サクラエキスプレス
 …コスモアンファング
 …ゼンノホワイト
 △メイショウオオナミ
 ▲サイレントグリーン
 …ワンヌン
 …サイレントステージ
 ○タイキリオン
 …ガッサンカーネギー

 「位置取りは後ろになったけれど、必ず脚を使ってくれると信じてそのままの位置で」とボスアミーゴを信頼して騎乗した村上騎手。「追い出してからは、あれが芝の切れ味」と逃げるサクラエキスプレスをキッチリ捕らえてのゴール。勝ち時計は1分44秒5と、今年もタイレコードでの決着となりました。

 ホッとした表情だったのは鈴木七郎調教師。昨年3歳路線を総ナメにしたものの、今年は「A級と2歳しかいない」というほど各馬が昇級。厩舎の成績というのは、毎年上位に定着できないように競馬の仕組みができており、今年度は思ったほどに成績が上がっていませんでした。ひとまずボスアミーゴが芝路線で好スタートを切りましたし、2歳馬も何頭か調教が進んできましたから、これからの反撃に期待しましょう。




 鈴木厩舎といえば…

air.jpg
 エアウィード

marukan.jpg
 マルカンジョオー

 とこれまた2頭のA級馬が休養から戻り、攻め馬を再開しています。これらの戦線復帰も待たれます。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/06/10(火) 13:32:31|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

05月 « 2008年06月 » 07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search