FC2ブログ

いよいよ岩手ダービー・ダイヤモンドカップ

 いよいよ2日は、岩手ダービー・ダイヤモンドカップ。ダービーウイークの第2戦です。2歳時から混戦といわれてきた世代ですが、ここにきてようやく上位が絞れてきた印象。3歳1冠目の阿久利黒賞を制したリュウノツバサに対し、同レース2着のゴールデンクリークが距離延長を味方に逆転なるかという構図になりました。

spring.jpg
 リュウノツバサ阿久利黒賞を勝ったあとはここ一本に目標を絞って調整。追い切りは終い時計がかかるタイプであり、特に気にはなりません。新田守調教師に話を聞いたところ、現在の(人の)体重は65キロとのこと。十分に負荷のかかった調教といえます。阿久利黒賞では、4コーナーで先頭に立つゴールデンクリークを外から差すという思わぬ展開となりましたが、これをキッチリ制したことでより評価が上がることになりました。どちらかといえばスピードタイプと思えるだけに、2000mを我慢できるかどうかが最大のポイントですが、中間の過程は距離を克服するに十分なものと判断しました。

7sigre.jpg
 ゴールデンクリークはこの春1、2、2、1着。安定性を増して、大きく成長したといえます。まだ道中スムースさを欠く面は見られますが、七時雨賞などは前の2頭は速い流れで後続を離して飛ばすところも板垣騎手は後ろを待つ余裕。モエレハナオーやコンバットキックの動向を見ながらスパートし、キッチリと抜け出しました。距離が2000mに延びて、リュウノツバサを逆転する可能性は十分あるでしょう。

 コンバットキックはこの春3戦、末脚不発が続いていますが、乗り込み自体に特に問題点は感じられませんし、まだ2歳最優秀馬の走りが忘れられません。パサパサの良馬場で鋭い末脚が封じられたとも思えます。天気予報は微妙なところですが、雨が降って金杯のような軽い馬場になることに望みをかけたいところです。

 大きく勢力図を塗り替える可能性があるとすれば、エイプリルボーイの逃げでしょう。勢いに任せてビュンビュン飛ばす2歳時に比べ、かなり落ち着きが出てうまくレースが運べるようになりました。全馬が初めてとなる2000m戦、それでなくても岩手の長距離戦はスローペースになる傾向が強いだけに、逃げ粘りの怖さは残ります。


ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/06/01(日) 21:06:02|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

05月 « 2008年06月 » 07月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search