FC2ブログ

阿久利黒賞の回顧と七時雨賞の展望

 18日は3歳オープンによる七時雨賞が行われます。このレースは岩手ダービー・ダイヤモンドカップへのトライアル。ダイヤモンドカップは盛岡2000mで行われますので、1800mの七時雨賞は距離延長のステップとして重要な一戦となります。主力メンバーは阿久利黒賞からの折り返しとなりますので、まず阿久利黒賞の回顧から。

阿久利黒賞(5月6日、水沢1600m、3歳オープン地方全国交流)展望記事はコチラ

 ▲リュウノツバサ
 ◎ゴールデンクリーク
 △エイプリルボーイ
 …リュウノアシェイブ
 ○コンバットキック
 …モエレハナオー
 △テンショウベスト
 …カネショウボス
 …ウィンエヴリー
 …バトルアイ
 …リュウノゼウス


1smae_20080514220805.jpg
 一周目スタンド前、1番枠からスピードを生かしてエイプリルボーイが先手、ウィンエヴリーが続き、ゴールデンクリークが絶好の3番手をキープ。本来2、3番手にいるはずのリュウノツバサが出遅れて、リュウノゼウスの内にいたのはちょっと予想外。コンバットキックは例によってほぼ最後方。


choku_20080514220819.jpg
 最後の直線、エイプリルボーイを交わして先に抜け出しを図るゴールデンクリークの外からリュウノツバサが迫るという、スプリングカップとは逆の展開。馬体を接しての激しい追い比べとなる。大外からコンバットキック


goal_20080514220834.jpg
 外リュウノツバサゴールデンクリークを1/2馬身振り切ってゴール。交わされてからも脚が止まらなかったエイプリルボーイが3着。


 リュウノツバサの村上騎手は「出遅れたが、気のいい馬なので好位がとれた。2コーナーで外に出したときも手応えがあったし、向こう正面もスムーズ。(思っていたのと)違う展開で勝てた」と。

 スプリングカップのメンバーにスピード馬のエイプリルボーイ、ウィンエヴリーが加わり少し流れが速くなるところ、先頭に立つリュウノツバサにゴールデンクリーク、コンバットキックが迫る…、目標になるリュウノツバサは辛い…というのが筆者の予想した展開でしたが、4コーナーの並びは逆でリュウノツバサはゴールデンクリークの外から迫るという立場に。村上騎手は「直線で半馬身くらい抜けてから、振り切れなくて少しあわてた」とも語っていたが、スプリングカップ時に「終いの勝負になるより、早めの抜け出しを狙っていた」のとは大違いで、中団から差す競馬を期せずしてマスター。3歳一冠目を制すると同時に、距離延長に対しての目処も立てる内容となりました。リュウノツバサは今週の七時雨賞には当初より登録なく、ダイヤモンドカップへ直行の見込みです。

 ゴールデンクリークはスプリングカップに続いての2着。リュウノツバサが出遅れて、自身には最高の展開になったと見たのですが、板垣騎手は「手応えが…」と意外に伸びきれず。かといって突き放されてはいないので、なんとも評価に悩むところです。

 エイプリルボーイは早めに2頭に来られながらも、渋太く粘って3着を確保。阿部騎手は「折り合いがつくようになったし、よく走っている」と。この前日あたりから馬場が乾き、逃げ馬に辛い馬場状態になっていただけに、惜しいレースでした。


ryuu.jpg
 川崎からの遠征馬リュウノアシェイブは、さすが南関東と思わせる好馬体。渋太く脚を伸ばして4着。村松騎手は「芝でも走らせてみたいね」

 コンバットキックはスプリングカップと同じような内容の5着ですが、タイム差は広がりました。馬自身の問題か、馬場や展開に注文がつくのか、あるいはその両方か。




 七時雨賞は少頭数7頭立てとなりました。先に記したとおり阿久利黒賞馬リュウノツバサは登録なし。同2着ゴールデンクリークに対し、5着コンバットキックが距離延長を味方につけられるかという構図となりそうです。2頭のライン強力に映りますが、割って入る馬がいるかどうか。1800mはコンバットキックがJRA中山遠征時に経験しているだけで、他は初めて。展開による波乱の可能性も潜んでいます。2000mの岩手ダービー・ダイヤモンドカップにつながる走りができるかどうか、全馬の走りに注目してください。


 今開催は七時雨賞もそうですが、少頭数のレースが増えてきました。3月からの開催が5開催目を迎えて、そろそろ疲れが溜まってきそうな時期でもありますし、また一方では盛岡戦を意識して一息入れるローテーションを組んでいる馬もいるようです。1回盛岡戦(5月31日から6月9日)の3歳戦は、6月2日の岩手ダービー・ダイヤモンドカップだけでなく、6月1日に芝1700mのガーベラ賞があります。また古馬にもオープン、C1、C2級で芝の特別戦が用意されています。またB2級は芝の一般戦が設定されています。

 「芝の特別を使いたいから、今開催は前半のレースを使う」とか、「今開催は休むよ、次回芝があるからね。そこは勝負だよ!」などという話が今週はあちこちで聞かれました。話はしなくても、明らかに盛岡戦に向けて調教のピッチを上げてきている馬もいるように思われます。逆にそれを見越して、手薄なメンバーになりそうな今開催に狙いを定めているような馬もいます。地方競馬がつまらないといわれる理由で「毎週毎週同じようなメンバーで走っている」といわれることがよくありますが、必ずしもそうではありません。全馬全厩舎が策を練って1着を取りにきている過程がそこには見えてきます。スポーツ新聞のようにここでベラベラと語っても良いのですが、仕事柄そうも言っていられません。そんな気配は新聞の柱や調教欄から読み取れる(想像できる)と思います。開催替わり前後の岩手競馬も楽しみにきてください。

ケイシュウNEWS オンラインショップ
「水沢深田のとってなんぼ」も読んでください



  1. 2008/05/16(金) 18:26:40|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

04月 « 2008年05月 » 06月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search