fc2ブログ

金杯はミニアチュールが圧勝!

 2023年1月3日に水沢競馬場で行われた、2022シーズンファイナル、岩手県競馬新聞連盟杯、第47回金杯(M2)は、北海道から転入2戦目のミニアチュールが4馬身差で圧勝しました。


DSC_2416.jpeg
 1月の開催最終日となる水沢競馬場は、日中プラス気温で推移。馬場はあまり雪に悩むこともありませんでしたが、場内は残雪がいかにも滑りやすそうに踏み固められていました。



DSC_2432.jpeg
 一周目のスタンド前、エルメルクリオ(赤帽、岩本騎手)が先行。好スタートのレモンアイカー(桃帽、村上騎手)が外枠から2番手につけ、3番手にミニアチュール(緑帽、山本政聡騎手)。その後方にアサップ(黄帽、坂口騎手)、ケープライト(白帽、山本聡哉騎手)と同じ馬主服が続く。



DSC_2444.jpeg
 速めの流れの展開となり、3コーナーではレモンアイカーが一旦前に出るが、ミニアチュールも外から並びかけ4コーナーでは早くも先頭に立って突き放しにかかる。これを追走するケープライト、その内からはセイレジーナ(黒帽、高橋騎手)が迫る。外からはペルトラン(橙帽、高松騎手)も来て2番手接戦。



DSC_2453.jpeg
 しかしミニアチュールは差を拡げる一方



DSC_2462.jpeg
 その差は4馬身。門別では12戦2勝2着4回、3着1回という成績でしたが、前走転入初戦は7馬身差の楽勝。余力十分のゴールで、戦ってきたレベルの違いを見せつけることとなりました。とはいえ、開催取り止めになった1年前のこの時には考えてもいなかった馬が昨年の3歳三冠を制しているだけに、現時点で春からの3歳路線がどうなるかなど想像することも出来ません。ひとまずミニアチュールとフジラプンツェルの牝馬2頭が上位にいるとだけお伝えしておきます。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2023/01/03(火) 20:48:10|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

桐花賞はノーブルサターンが優勝!

 12月31日に水沢競馬場で行われた、農林水産大臣賞典、社台スタリオンステーション協賛、第46回桐花賞(M1)(オルフェーヴル賞)は1番人気のノーブルサターン(高松騎手)が優勝しました。

 近年は12月の天候悪化が多く、昨年の12月31日は第4レースと7レース以降が開催取り止めになり、桐花賞も取り止めとなってエンパイアペガサスの引退レースが実施できない事態に。今季も12月18、19、20日に開催取り止めがあったことから、その後の開催が心配されましたが、降雪はほとんどなく馬場状態は大幅に改善。当日は不良馬場でスタートしましたが、第8レースから重に回復。桐花賞自体としてはトニージェント3連覇の2回目になる2003年以来、19年ぶりに重馬場でレースが行われました。



DSC_2364.jpeg
 この日は2007年途中まで使われていた旧ファンファーレが復活。一般戦、特別戦に続いて桐花賞では重賞ファンファーレが鳴り響きました(これを機に水沢は旧ファンファーレに戻せば良いと思います)。時計の出やすい馬場状態となって、前日から逃げ、内枠の馬が大活躍の展開。大外枠ながらグランコージー(桃帽、鈴木騎手、馬主服)が先行してマイペース。ファン投票1位のヴァケーション(桃帽、村上騎手)が2番手に上がって自ら前を捕まえにいき、ノーブルサターン(黄帽、高松騎手、馬主服)がこれを追走。直線は抜け出した2頭のマッチレースになる。ジェイケイブラック(黒帽、山本聡哉騎手)以下はまだ後方。



DSC_2369.jpeg
 2頭の競り合いは直線一杯に続くが…



DSC_2373.jpeg
 残り50mあたりで外のノーブルサターンが前へ



DSC_2383.jpeg
 勝ち時計2分06秒8は、板垣厩舎、高松騎手のコンビで勝った2013年のスーブルソー(2分06秒0)、2011年カミノヌヴォー(2分06秒7)に次ぎ歴代3番目。比較にはなりませんが、旧盛岡で行われた1976年第2回シンコダイオー(村上実騎手)と同タイムでした。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/31(土) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

桐花賞の出走馬が確定しました!

 12月31日に水沢競馬場で行われる、農林水産大臣賞典、社台スタリオンステーション協賛、第46回桐花賞(M1)(オルフェーヴル賞)が迫りました。ここではその出走馬を紹介します。


ブラックバゴ
 ブラックバゴ(高松騎手、実戦は小林騎手)、JRA4勝、2020年には大井所属でOROカップを勝った馬が、今年春水沢へ移籍。せきれい賞3着だけでなく、ダート含めても最低で6着と安定した走りを見せています。元板垣厩舎所属だった小林凌騎手とのコンビが実現しました(ファン投票11位)。



ジェイケイブラック
 ジェイケイブラック(山本聡哉騎手)、2019年にJRA未勝利から転入後14勝、最下級からA級まで駆け上がり、3年3ヶ月後の北上川大賞典でついに重賞タイトルを手にしました。その勢いでグランプリも制するか。鞍上山本聡哉騎手は12月26日までで210勝。2005年、小林俊彦騎手のシーズン215勝に迫っており、ここで快挙達成の期待もかかります(ファン投票6位)。



リッジマン
 リッジマン(千葉幸喜調教師、実戦は岩本騎手)は門別1勝、JRAステイヤーズステークスGIIなど平地5勝、障害1勝。前走ジャパンCGIを走った馬が桐花賞を走るのはもちろん史上初です。転入後おおむね月1走のローテーションですが、約半年ぶりだった転入初戦の桂樹杯はともかく、その後使うごとに勢いを増しているのは見ていて驚かされます。過去ダート戦はデビュー地だった門別の3戦1勝のみ、ダート適性はなんとも言えません(ファン投票3位)。



ヤマショウブラック
 ヤマショウブラック(小林俊彦調教師、実戦は関本淳騎手)は2019年の桐花賞でエンパイアペガサスを差し切り優勝、そのまま年度代表馬となりました。その後南関東や北海道所属期間もありますが、長くA級に在籍。岩手再復帰戦の前走が、2着ながら久々にロングスパートを見せており、復調感を見せています(ファン投票7位)。



ノーブルサターン
 ノーブルサターン(小野寺厩務員、実戦は高松騎手)はJRA4勝、大井所属で名古屋の梅見月杯優勝。転入直前のサンタアニタトロフィーで6着できるレベルであれば、トウケイニセイ記念の圧勝も驚くほどではありません。グリムが勝ったマーキュリーカップJpnIIIを2着しているように距離の不安は全くないだけに、アッサリ連勝があって不思議ないでしょう(ファン投票12位)。



セイヴァリアント
 セイヴァリアント(佐々木厩務員、実戦は木村騎手)はJRA2勝、南関東1勝。青藍賞4着、トウケイニセイ記念2着とすでに重賞の主力となっています。7月の転入から8戦全て1番人気で3勝2着4回と抜群の安定感を誇っており、大井のA2B1特別で2000m戦を勝っています(ファン投票9位)。



コイビトサンタ
 コイビトサンタ(村上騎手、実戦は大坪騎手)は3歳三冠路線を6、4、2着と完走しました。今年の3歳レベルを占う一頭となりそうです(ファン投票14位)。



スパイスマジック
 スパイスマジック(高橋騎手)はJRA2勝、兵庫1勝、開催取り止めのため出走がありませんでしたが、昨冬にも水沢在籍期間がありました。転入後は2勝ですが、北上川大賞典4着、師走特別1着と調子を上げています。5月の兵庫大賞典(園田1870m)をジンギの6着しており、小回りの長丁場は合うように感じます(専門紙記者選抜)。



クロールキック
 クロールキック(千葉幸喜調教師、実戦は坂口騎手)は寒菊賞と、スプリングカップの勝ち馬。今年の3歳路線を牽引する存在とみられていましたが、その後長期休養に。トウケイニセイ記念もレース直前で競走除外となり、桐花賞が復帰初戦となりました。短期間ながらひとまず出走態勢は整った模様で、今後につながるような結果が期待されます(ファン投票8位)。



ヴォウジラール
 ヴォウジラール(新田調教師、実戦は菅原騎手)はJRA3勝。転入後5戦未勝利ながら、北上川大賞典は惜しい2着でした。東京ダート2100mで1勝があり、ダート中長距離に豊富な経験があります。時として極端な大敗があるようですが、逆にトウケイニセイ記念の結果などは無視して良いかもしれません(専門紙記者選抜)。



ヴァケーション
 ヴァケーション(川嶋調教師補佐、実戦は村上騎手)は南関東5勝で平和賞、全日本2歳優駿JpnI、名古屋の秋の鞍を優勝。この春、大注目の転入馬であり、転入2戦目のシアンモア記念優勝、マーキュリーカップJpnIII3着、スパーキングサマーカップ4着、南部杯JpnI12着、JBCクラシックJpnI10着と岩手の代表として走りきりました。それを考えればファン投票1位も当然といえば当然。川崎の報知オールスターカップにも登録がありましたが、最終的に桐花賞出走を選択。勝ってシーズンを締めくくることが出来るでしょうか。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/30(金) 17:00:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

フジラプンツェルは出発しました

 12月31日に大井競馬場で行われる、GRANDAME−JAPAN2022、第46回東京2歳優駿牝馬(SI)に出走を予定する、フジラプンツェル(瀬戸幸一厩舎、山本政聡騎手騎乗予定)は、大井競馬場へ向かって出発しました。


DSC_2208.jpeg
 12月に入って水沢にも雪が降り始め、18日の水沢競馬は開催取り止め。19、20日も開催途中で取り止めになるなど状況が悪化。早めに入厩が可能とのことで、23日に菅原辰徳騎手で追い切りを済ませ、あとは天候の影響を受けにくい大井競馬場へ移動。約1週間滞在することになりました。



 瀬戸調教師は「月1走のローテーションで使ってきたが、結果的に南部駒賞は疲れもあったのだろう。今回はオーバーワークにならないように調整した。早めに大井に入るので、環境の変化に対応して欲しい。それなりのレースはして欲しいし、春は浦和の桜花賞(3月22日、浦和1500m)も目指したい。岩手競馬も3月11日から始まるので、調整はしやすいと思う」と。ハイレベルのメンバーでこれまで経験したことのない激しい流れを体験することになると思いますが、その中でフジラプンツェルがどんな走りを見せるのか。2023年の岩手競馬を占う一戦にもなるでしょう。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/25(日) 19:11:04|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

寒菊賞はセイレジーナが楽々逃げ切り!

 12月13日に水沢競馬場で行われた、岩手県畜産協会会長杯、第21回寒菊賞(M3)はセイレジーナが逃げ切り。新種牡馬インカンテーション産駒の重賞制覇となりました。



DSC_2058.jpeg
 どんよりと曇った水沢競馬場に雪はなし。この日は暖かく、レースの時間帯でも摂氏10度くらいはあったかと思われます。



DSC_2097.jpeg
 ローズトレミエが取り消して8頭立て。好スタートからセイレジーナ(黄帽、高橋騎手)がほとんど持ったままで先手を取り、その後方にアシモトヨシ(緑帽、南郷騎手)が2番手、内にレジーナ(白帽、関本玲花騎手)。1番人気のアサップ(桃帽、山本聡哉騎手、馬主服)が続く。



DSC_2105.jpeg
 2コーナーを回って向正面、隊列は大きく変わらず。



DSC_2108.jpeg
 残り100m、徐々にペースアップしたセイレジーナが後続を突き放して逃げ込み態勢。外々差を詰めてきたアサップが2番手。大外から捲り追い込みをかけるクラベルブランコ(桃帽、木村騎手、馬主服)が3番手に上がる。



DSC_2124.jpeg
 セイレジーナはそのまま逃げ切り。勝ち時計は1分45秒1、2着アサップとの差は2馬身2分の1。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/12/14(水) 12:08:54|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

01月 « 2023年02月 » 03月
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search