fc2ブログ

日高賞の記録を遡る

 岩手競馬次週の開催は、水沢競馬場で留守杯日高賞をメインに行われます。

 日高賞は1969年(昭和44年)に岩手県競馬組合ではじめて実施された、特定の名称付き特別競走の中の1つであり、途中2001年にサラ系3歳の重賞競走「留守杯日高賞」となった際に回数がリセットされていますが、「日高賞」として通算すれば今年は51回目。「駒形賞典」、「岩鷲賞典」、「不来方賞典」と並んで最も伝統ある競走の一つです。

 2020年4月22日に「留守氏と日高神社」としてその由来を紹介していますが、ここでは創設当初の記録をを紹介します。



Image_20220511_0001.jpegImage_20220511_0002.jpeg
 現在「第1回」とされているのは、1969年(昭和44年)6月8日に水沢1600mで実施された「日高賞典」。クラスはAイ級で、血種混合です。ひと月前の「第1回駒形賞」で2着だったデイジーマサル(竹田実騎手/佐々木二八調教師)が、その時の勝ち馬ヤザキのレコードタイムを更新して優勝。当時は1600mのポケットはなく、「水沢競馬場、消えたレコード、消えなかったレコード」で紹介している通り3、4コーナーのカーブ途中からスタートしていたと思われます。



Image_20220511_0003.jpegImage_20220511_0004.jpeg
 第2回となる1970年8月9日には、日本競馬史上に残る大記録が達成されます。ニユースターエイト(高橋優子騎手/高橋武調教師)が優勝。レース前の時点でレコードホルダーとなっており、1番人気での優勝でした。このレースは特別競走ではありますが、当時は重賞競走というカテゴリーはまだ設定される前。日高賞典は農林大臣賞典に次ぐ高額賞金競走の一つであり、今でいう「M1」レベルといって差し支えありません。2着はアラ系馬マルマンチカラでした。



Image_20220511_0005.jpeg
 第3回は1971年8月15日に行われ、サムネーション(遠藤陸夫騎手/小西善一郎調教師)が優勝。この年まではサラ、アラ混合で行われ、翌週の盛岡開催から血種別競走が始まります。



Image_20220511_0006.jpeg
 1972、1973年は実施されず、続く日高賞典は2年あけて、1974年7月29日、岩手県競馬組合としては初めてのアラ系(旧)4歳特別として水沢1420mで再スタートし、テツミヤマ(平澤芳三騎手/千葉忠一調教師)が優勝。この年は不来方賞がサラ系(旧)4歳の特別となりますが、賞金は同額でした。この競走は4回目の日高賞典ですが、 1983年(昭和58年)、岩手競馬の全重賞競走に回次を付与しようという動きがあった際に「1969年が第1回だから、1974年は第6回だろう」という勘違いがあったのか、「第6回日高賞典」とされてしまいます。同様の事例は不来方賞でも発生しています。詳しくは「駒形賞の記録を遡る」をご覧ください。



Image_20220511_0007.jpeg
 第7回は1975年12月1日に水沢1600mで行われ、タカラサンキ(佐藤敏彦騎手/阿部三郎調教師)が優勝。資料によれば、この年から重賞競走とされています。1975年はレース体系の整備が進み、日高賞の他、ビクトリーカップ、姫神賞(牝馬)とアラ系(旧)4歳の路線が作られました。さらにウイナーカップも翌年から始まります。


 1974年以降の記録については地方競馬情報サイトでご覧ください。アラ系(旧)4歳による日高賞は1999年に終了。1年おいて2001年からはサラ系3歳牝馬の重賞競走「留守杯日高賞」として再スタートし現在に至ります。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/05/12(木) 12:43:08|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

シアンモア記念はヴァケーションが優勝、木村暁騎手はM1で重賞初制覇!

 5月8日に水沢競馬場で行われた、農林水産省東北農政局長賞、ダーレー・ジャパン協賛、エフエム岩手杯、第47回シアンモア記念(M1)(ディスクリートキャット賞)はヴァケーションが優勝、木村暁騎手はデビュー21年目での重賞初制覇となりました。



DSC_0151.jpeg
 グランコージー(黄帽、鈴木騎手)の逃げをマイネルアストリア(緑帽、坂口騎手)が追走し、ヴァケーションの木村騎手(緑帽)は3番手を確保。その後方にいた1番人気のゴールデンヒーラー(青帽、山本政聡騎手)が向正面で先に動き、4コーナーで先頭に並びかける。ヴァケーションの木村騎手は前3頭を見て、直線は外へ出る。



DSC_0155.jpeg
 グランコージーが渋太く粘って、ゴールデンヒーラーは伸びきれない。その外からヴァケーションが一歩一歩脚を伸ばす。後方からはヤマショウブラック(橙帽、関本淳騎手)が進出。



DSC_0166.jpeg
 レースラップは
12.7-11.8-12.5-13.3-12.2-12.4-13.1-14.3=1.42.3
前半3F37.0-上り3F39.8
赤松杯とほとんど同じラップ構成ですが、今回はヴァケーションが伸び切る。



DSC_0181.jpeg
 ヴァケーションは余裕を持ってのゴール、その差は4分の3馬身。鞍上の木村暁騎手は21年目での重賞ゴール。デビューは常時35人前後の騎手がいた2002年4月、斎藤雄一現調教師と同期でした。表彰式でも多くのファンが取り囲み、ヴァケーションと木村騎手の優勝を祝福しました。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/05/11(水) 10:12:03|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

春のマイル決戦、シアンモア記念!

 5月8日水沢競馬のメインレースは、農林水産省東北農政局長賞、ダーレー・ジャパン協賛、エフエム岩手杯、第47回シアンモア記念(M1)(ディスクリートキャット賞)です。今季の古馬初めてのM1競走で、1着賞金は1000万円。本競走はトウケイホープが勝った1983年の第9回から、トーヨーリンカーンが勝った2002年の第28回まで1着賞金が1000万円以上となっていましたが、そこから20年ぶりにその水準に回復しました。



 昨年末にエンパイアペガサスが引退、また昨年の覇者ヒガシウィルウィンはここへ向けて乗り込みを進めていましたが結局出走を見送り。昨年の出走馬が一頭もいないメンバー構成となりました。



DSC_0102.jpeg
 前哨戦の赤松杯を勝ったのはマイネルアストリア(坂口騎手)、それまでが逃げ主体の先行で戦っていただけに、外の3番手がどうかと思われましたが、問題なく対応しました。今回も同コースですが、先行タイプがさらに増えた印象があるだけに、どういった戦法で臨むのか、戦法面が注目されます。



DSC_0085.jpeg
 今季注目の転入馬ヴァケーション(川嶋調教師補佐、実戦は木村騎手)は赤松杯2着。勝負所からの反応ひと息に見えましたが、ゴール前は再び盛り返してきました。陣営も2戦目となればなんとなく特性を掴めてきたのではないでしょうか。木村騎手の重賞初制覇にも期待がかかります。



DSC_0075.jpeg
 ジワジワと地位を回復してきたのが、2019年の年度代表馬ヤマショウブラック(小林俊彦調教師、実戦は関本淳騎手)。冬季南関東で3走して岩手に復帰しましたが、赤松杯の3着は一時より早めの追い上げで見せ場を作りました。昨年後半から復調感はあり、開催取り止めとなった桐花賞でもどのくらい走るか見たかったほどでした。



DSC_2953.jpeg
 別路線組では4歳牝馬ゴールデンヒーラー(渡邉厩務員、実戦は山本政聡騎手)が注目されます。昨年3歳時ではリュウノシンゲンのいる牡馬路線に挑み、三冠で2、4、2着。3月29日の桃花特別は稍重ながら1分40秒9で圧勝、赤松杯より1.2秒速いタイムでした。シアンモア記念では2017年にユッコが優勝して以来となる牝馬の優勝となるでしょうか。



DSC_0106.jpeg
 栗駒賞を勝ったロックスピリット(佐藤厩務員、実戦は高松騎手)も参戦。道中の折り合いに難しさはありそうですが、グランコージーも加わって先行勢はかなり忙しい流れが予想されるだけに、再度の直線強襲シーンは想像できます。



DSC_0064_20220507154814cec.jpeg
 マツリダスティール(村上騎手、実戦は阿部騎手)は赤松杯で失速の4着でしたが、北上川大賞典以来であり他馬より休養期間がありました。なにか広い盛岡向きのような印象もありますが、順調にさえ来れば上積みは大きいと見られるだけに、大きな変わり身を期待する手はあります。



DSC_0049.jpeg
 乗り込みを進めていたヒガシウィルウィン(菅原勲調教師)です。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/05/07(土) 16:51:26|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

5月8日水沢競馬、新馬戦の出走馬紹介

 シアンモア記念をメインに行われる、5月8日の水沢競馬は、第3競走にファーストステップ競走(2歳新馬戦)が組まれました。ここへの出走馬を紹介します。



フジラプンツェル
 フジラプンツェル(菅原騎手)は父メイショウボーラー、母ホワイトデイズ(母父クロフネ)でセプテンバーセールの取引馬。全兄メイショウハナモリはJRAのダート短距離で3勝現役。全姉トゥルーオーダーは名古屋2勝現役。3代母ビューチフルロマン、4代母はエリザベス女王杯を勝ったビクトリアクラウン、オーハヤブサ、オーマツカゼ…ビューチフルドリーマーに辿ります。



エスティフィン
 エスティフィン(高橋騎手、実戦は高松騎手)は父トーセンホマレボシ、母カネトシコンサイス(母父スマーティジョーン)。兄スターオービットはJRA1勝、2つ上の兄トーセンダーウィンはジュニアグランプリ4着、羽田盃、不来方賞にも出走し、先日浦和から水沢へ帰ってきました。



アナリスト
 アナリスト(岩本騎手、実戦は木村騎手)は父新種牡馬マクマホン、母ペナンクライ(母父バラシア)。姉ハービンジャーラスは英1勝、その子メイショウコジョウはJRA2勝現役。兄トーセンソワレは浦和で1勝し、現在は兵庫C1級。



バービー
 バービー(山本聡哉騎手、実戦は関本玲花騎手)は父フェノーメノ、母トーセンクリオネ(母父シンボリクリスエス)。母は笠松6勝、南関東で7勝。1つ上の姉イネスは、昨年6月に水沢850mの新馬戦で2着。叔父トーセンメロディは岩手2勝、南関東で3勝しています。



アサップ
 アサップ(山本聡哉騎手、実戦は山本政聡騎手)は父マクマホン、母ガールズトーク(母父ステイゴールド)。姉スプリングガールはJRA1勝、浦和2勝、高知では5勝し、トレノ賞、読売レディス杯をともに2着。姉ミモザは岩手1勝。叔父に函館記念のクラフトマンシップ、AJCCなど重賞3勝のクラフトワークがいます。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/05/06(金) 23:59:59|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

3歳一冠目、ダイヤモンドカップ

 5月1日、水沢競馬のメインレースは、JBC協会協賛、HITスタリオンシーズ、奥州市長杯、第42回ダイヤモンドカップ(M1)、(フォーウィールドライブ賞)です。3歳三冠の一冠目であり、本年度の岩手競馬1つめのM1競走となります。

 ダイヤモンドカップは、不来方賞に続く、サラ系旧4歳の重賞競走として1981年にスタート。1986年にはダービーグランプリの創設に伴い一旦特別に格下げとなりましたが、その間もスイフトセイダイ、モリユウプリンス、アンダーキング、メイセイオペラなどの名馬を輩出。トニージェントの勝つ2000年に重賞へ復帰します。2006年からはダービーウィークが創設されるのに伴い「岩手ダービー」の冠をつけて2018年まで施行されました。


 前哨戦スプリングカップを楽勝したクロールキックが戦線を離脱。また3着だったリュウノガルシアは金沢へ移籍しており、スプリングカップ2着のグットクレンジングが主役となります。


DSC_0053.jpeg
 グットクレンジング(板垣調教師、実戦は山本政聡騎手)は門別で1勝、高知では2勝し、金の鞍賞2着がありました。大井での1戦を経ての、転入初戦スプリングカップは2着惜敗も今回は1、3着馬が不在。4着サンエイブレーヴには1.0秒の差をつけており、同コースの定量戦であるここは有利な立場と思えます。岩手競馬の3歳路線は近年門別デビュー馬が目につくようになりましたが、この馬は門別−高知−大井−水沢と、これまでにない経歴といえます。



DSC_0060_202204301551351c5.jpeg
 今年は2歳デビュー当初からこの路線を走ってきた馬が少なく、サンエイブレーヴ(村上騎手)はその数少ない一頭。太夫黒特別を勝ちましたが、重賞では3、3、2、4着。戦法に幅が出てレースごとの成長は感じられるだけに、スプリングカップ4着でも挽回が可能な位置。同時にグットクレンジング以外には負けられない立場ともいえます。



DSC_2588.jpeg
 ここにきての上昇戦力はコイビトサンタ(3月、牧野厩務員、実戦は山本聡哉騎手)。デビュー当初からの期待馬でしたが、新馬戦はスタートしてすぐにクルッとUターン、騎手を振り落として競走中止。その後セン馬となってようやく成績が安定。平場連勝の内容が素晴らしく重賞初挑戦となりました。なんとなく順当ムードになっていますが、これまでの序列を覆すなら…という存在でもあります。もしコイビトサンタが勝てば、岩手の三冠では史上初めてセン馬の優勝ということになります。



 出走を回避したクロールキックですが、千葉幸喜調教師によれば「骨折とかいうたぐいのものではないが、体調不良」ということで退厩して状態回復を待つということになりました。



●ネット新聞 

e−新聞 競馬道


●コンビニプリント

e−新聞

をぜひご利用ください。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2022/04/30(土) 17:10:23|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

04月 « 2022年05月 » 06月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search