FC2ブログ

ラブバレットが兵庫ゴールドトロフィーへ4回目の挑戦(追記あり)

 すでに枠順が発表になっていますが、12月27日に園田競馬場で行われる、農林水産大臣賞典、第18回兵庫ゴールドトロフィーJpnIIIに、水沢競馬場からラブバレット(菅原勲厩舎、山本聡哉騎手)が遠征します。


DSC_5174.jpg
 ラブバレットは兵庫ゴールドトロフィーに4回目のエントリー。過去3回は、出走取り消し4着2着となかなかの好成績を上げています。4年連続して、笠松グランプリからのローテーションになります。
 4連覇を狙った笠松グランプリは4着に終わり、その後は「坂路で調整したかった」(菅原勲調教師)と福島の牧場に移動しての乗り込み。15日に水沢競馬場へ戻って、最終調整となりました。


DSC_5176.jpg
 最終追い切りとなった23日は濃霧となり、水沢競馬場は一本のハロン棒も見えない状況。追い切り時計も全く採ることができず、目の前5秒くらいしか走ってくる姿を見ることができませんでした。ちょっと好調とも不調ともなんとも言えません。


DSC_5131.jpg
 12月19日の様子

 今年はJRA京都でのJBCスプリントJpnIを間に挟み、笠松グランプリ4着敗戦からのステップ。強力馬なJRA勢に加え、笠松での先着馬が2頭いるので、いかにハンデ54キロといえども評価が下がることは否めません。それでも1月の根岸ステークスから夏負けの期間があった以外は、ほとんど順調にレースを使って10走目。それが約4年にわたって続いているのですからすごいことです。積み重ねた獲得賞金が9899万円で、今回入着すれば1億円馬達成となります(岩手生え抜き馬としては、おそらくトニージェント以来)。笠松からの巻き返しがなるかどうか、注目しましょう。




 出走を予定していたラブバレットは競走除外となりました




岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/12/25(火) 10:38:27|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

白嶺賞はロジストームが楽々逃げ切り!

 12月17日に水沢競馬場で行われた、奥州市職員奥馬の会会長杯、第27回白嶺賞(M3)は、ロジストームが逃げ切りました。


DSC_5099.jpg
 ここ数日よりは暖かく、向正面の山々も白嶺というほどではありません


DSC_5106.jpg
 1周目の直線、好スタートからロジストーム(黄帽、村上騎手)が先手。プリンスダム(橙帽、阿部騎手)、グランユニヴェール(桃帽、鈴木騎手、馬主服)が続き、早くもペースは落ち着く


DSC_5110.jpg
 最後の直線、マイペースで逃げたロジストームが、さらに後続を引き離す。広がってうまく9頭全馬が映り込みました


DSC_5113.jpg
 ラップタイムは
13.0-12.1-12.2-13.0-11.9-12.2-12.6-12.8=1.39.8
前半3F37.3−上り3F37.6

 同日に行われたC1級戦とかわらぬ前半のペースだけに、そこからスピードを上げたロジストームはスイスイと逃げ込み態勢。内をうまく回ったタイセイファントム(白帽、高松騎手)、直線外に持ち出したスカイロックゲート(桃帽、高橋騎手、馬主服)が2、3番手に上がる


DSC_5119.jpg
 ここは冬の開催最終日の1月7日、トウケイニセイ記念(M2)のトライアルであり、上位3頭に優先出走権が与えられました


DSC_5129.jpg
 千田厩務員にバッチリと目線をいただきました。千葉幸喜厩舎はチャイヤプーンに続いて2週連続の重賞勝ち



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/12/18(火) 15:52:37|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

チャイヤプーンが勝って、ダービーグランプリ6年ぶりの地元勢優勝!

 12月10日に水沢競馬場で行われた、3歳秋のチャンピオンシップ2018、サンケイスポーツ杯、社台スタリオンステーション協賛、第31回ダービーグランプリ(M1)(ドレフォン賞)はチャイヤプーンが1番人気に応えて快勝。同馬主、同厩舎の2012年ロッソコルサ以来、6年ぶりに地元馬の優勝となりました。


DSC_4998.jpg


DSC_5030.jpg
 クリノヒビキ(橙帽、赤岡騎手、馬主服)が好スタート。チャイヤプーン(桃帽、村上騎手、馬主服)はダッシュがつかず、最後方からとなる。


DSC_5034.jpg
 一周目のマイクロホン前、クリノヒビキが先頭に立ってマイペース。エルノヴィオ(黒帽、山本聡哉騎手)、アルファーティハ(黄帽、田中力騎手)が追走、その後方内にコーナスフロリダ(白帽、岡部誠騎手)。チャイヤプーンがその外まで追い上げる。


DSC_5044.jpg
 二周目4コーナー、逃げるクリノヒビキにチャイヤプーンが並びかけ、コーナスフロリダはチャイヤプーンと併せずに大外へ回す。


DSC_5058.jpg
 ラップタイムは
13.1-12.5-13.8-13.7-13.5-13.7-12.2-13.0-13.7-13.0=2.12.2
前半3F39.4−上り3F39.7

 少頭数、メンバー構成を見てもスローペースになることは想定されていましたが、当日はそれまでと一転して時計のかかる馬場状態になり、12秒台のハロンタイムは2つだけ。


DSC_5063.jpg
 チャイヤプーンはまたも内へ内へとササっていき…


DSC_5073.jpg
 村上騎手は内の方を確かめながらのゴール。筆者のカメラマン技量の問題もあるのでしょうが、1月の金杯と同様の微妙な写真に。岩手ダービー・ダイヤモンドカップも戸塚記念も同様でしたが、「まだ余力があるのか」と、都合の良い解釈。日頃の声援と違い、ゴール前で自然発生的に生まれた拍手に、地元勢の優勝を実感しました。次走は桐花賞とのことで、先週に北上川大賞典を大差勝ちしたエンパイアペガサスとの対決。これは面白いレースになりそうです。桐花賞のファン投票はネットでは12月16日正午まで。郵便投票は12月16日必着。ぜひご参加ください。(12月9日までの投票中間発表)



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/12/13(木) 16:48:14|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

寒菊賞はパンプキンズが会心の逃げ切り!

 12月10日に水沢競馬場で行われた、岩手県畜産協会会長杯、JRA認定、第17回寒菊賞(M3)は、3番人気のパンプキンズが鮮やかに逃げ切りました。


DSC_4917.jpg


DSC_4918.jpg
 1周目のスタンド前、パンプキンズ(白帽、菅原俊吏騎手、馬主服)が逃げ、リュウノポップス(青帽、坂口騎手)、ゼットヴィグラス(橙帽、村上騎手)が続く。ニューホープ(赤帽、山本政聡騎手、馬主服)、ヤマショウブラック(桃帽、山本聡哉騎手)は後方集団。


DSC_4923.jpg
 最後の直線となっても先頭、2番手は変わらずパンプキンズが逃げる。内からニューホープ、外からヤマショウブラックが差を詰めるが…


DSC_4933.jpg
 ゴール前でパンプキンズのスピードが落ち、ヤマショウブラックがグイグイ差を詰める
ラップタイムは
12.7-12.4-13.5-14.3-12.8-12.9-13.0-14.3=1.45.9
前半3F38.6−上り3F40.2



DSC_4946.jpg
 クビ差まで迫られるが、パンプキンズの逃げ込み成功。ヤマショウブラックは惜しくも届かず2着。ニューホープは5着でした。今季は南部駒賞が取り止めとなっており、この世代の残る重賞は1月2日の金杯(M2)のみ。最優秀2歳馬が難しくなってきました。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/12/11(火) 20:48:17|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

チャイヤプーンが負けられない、ダービーグランプリ

 12月10日、水沢競馬のメインレースは、3歳秋のチャンピオンシップ2018、サンケイスポーツ杯、社台スタリオンステーション協賛、第31回ダービーグランプリ(M1)(ドレフォン賞)です。地方全国交流で、水沢競馬場としては最高額となる、1着賞金1000万円を争います。


 当初は11月18日に実施予定でしたが、禁止薬物陽性馬が出たことにより11月10日から19日までの水沢競馬が取り止めとなり、3週間の延期となりました。しかし当初エントリーしていた他地区の登録馬は、大半が再度エントリー。最終的には回避馬が出て遠征馬は3頭になりましたが、

コーナスフロリダ・・・西日本ダービー優勝
アルファーティハ・・・サラブレッド大賞典優勝
クリノヒビキ・・・・・園田オータムトロフィー、岐阜金賞優勝

と、いずれもがステップレースを勝って、ここではボーナス賞金を狙える立場です。


 岩手代表でこれに該当するのは、戸塚記念を勝って水沢へ帰ってきたチャイヤプーンです。

チャイヤプーン
 チャイヤプーン(村上騎手)は戸塚記念のあと水沢へ戻り、これもボーナス対象となる不来方賞も勝って、岩手三冠+戸塚記念+ボーナス賞金という目論見だったのでしょうが、不来方賞はサンエイキャピタルの粘りの前にクビ差競り負けて三冠の夢が破れました。ローテーションの狂いはあったものの、その後はもちろんダービーグランプリに目標を絞っての調整。ローテーションの狂いは遠征馬、地元馬問わず生じていますが、それを抜きにしても岩手ダービー・ダイヤモンドカップと戸塚記念を勝った実績は今年の地方3歳馬の中でも屈指のもの。不来方賞を勝ったサンエイキャピタルはその後ヒザの骨折が判明し、今季の復帰は絶望となっているだけに、その分も含めて強さを見せて欲しいと期待します。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/12/09(日) 22:34:44|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

12月 « 2019年01月 » 02月
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search