FC2ブログ

ラブバレットが笠松グランプリ4連覇へ!

 開催取り止め中の水沢競馬場ですが、調教や能力検査などは予定通り行われており、競馬再開の号令を待つばかりです。そんな中、11月22日の笠松競馬、第14回笠松グランプリ(SPI)に水沢からラブバレットが4連覇を狙って遠征します。



DSC_4759.jpg
 ラブバレット(山本聡哉騎手)は昨年まで笠松グランプリを3連覇中。2勝目となった2016年には、1400mを1分23秒6という驚異的なタイムで走り、今もコースレコードとして名を残しています。


 例年この時期は遠征競馬が続いていますが、今年はJRA京都のJBCスプリントJpnIからのステップ。夏負けがあったクラスターカップのあと、間隔を取った道営スプリント時に馬体重がプラス11キロの484キロとなったのですが、続くJBCスプリントも十分に乗り込みながら、増減なしの484キロ。菅原勲調教師はこの数字を気にしていましたが、JBCスプリントのレース内容は決して悪いものではなかったですし、その後も疲れを感じさせず通常通りの乗り込みを消化しており、動きの重苦しさは感じません。


 グレードレースの勝ち馬が加わって年々メンバーのレベルは上がっており、加えて再々度の長距離輸送になるだけにラブバレットには厳しい条件ですが、不思議に笠松では地元よりむしろ強い走りを見せてくれます。重賞4連覇というのは全国的に見ても珍しいと思いますが、それが地方全国交流の高額賞金レースとなれば、その価値はまた一段高いものといえるでしょう。岩手競馬のファンに声を上げてもらえるようなレースになることを期待します。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/11/20(火) 17:44:06|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

ボルドーシエルがラブミーチャン記念に挑戦!

 11月8日に笠松競馬場で行われる、GRANDAME−JAPAN2018、2歳シーズン、スポ-ツニッポン創刊70周年記念杯、第5回ラブミーチャン記念(SPI)に、水沢からボルドーシエル(板垣厩舎、渡邊竜也騎手(笠松))が出走します。



DSC_4694.jpg
 ボルドーシエル(板垣調教師)は門別デビューで7戦1勝して岩手転入。岩手では2、2、4着と勝ち切れていません。板垣調教師は「毎回良いレースはしてくれるのだが、距離なのかなあ」と距離面を気にしていました。たしかに岩手で一番良いレースは、盛岡ダート1400mのフューチャーステップ。次走で若駒賞4着のパンプキンズにクビ差なら、県内ではトップクラスの一頭といえます。
 補欠からの直前繰り上がりとなり、前走からは少々レース間隔の詰まった点が気になりますが、浦和、兵庫からの遠征馬も加わったメンバーの中でどういったレースができるのか、岩手のレベルを探る意味でも注目したいと思います。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/11/07(水) 19:22:26|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

絆カップはエンパイアペガサスの登場!

 長かった秋の盛岡開催もついに最終週。JBCで盛り上がる11月4日は、みちのく爽やか杯、第8回絆カップ(M2)が行われます。注目は、今季重賞3勝のエンパイアペガサス(菅原俊吏騎手、佐藤祐司厩舎)です。



DSC_4736.jpg
 今季のエンパイアペガサスは浦和所属でオグリキャップ記念を勝ったあと、水沢へ帰厩。みちのく大賞典、青藍賞はいずれも完勝。佐藤祐司調教師は「毎回聞かれるけれども、もう言うことがなくなりました」と。「レース上がりや攻め馬で心配なことが何もなくなった」とのことで、万全の態勢で実戦を迎えることができそうです。絆カップでどんなレースを見せるのか、そして今後どういう路線へ向かおうとしているのか。双方が気になるところです。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/11/03(土) 21:35:35|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

ラブバレットがJRA京都、JBCスプリントに出走

 11月4日、JRA京都競馬場で行われる、第18回JBCスプリント(JpnI)に、水沢からラブバレット(山本聡哉騎手、菅原勲厩舎)が出走します。



DSC_4714.jpg
 2歳デビュー時から岩手のトップクラスを走り続けるラブバレット(山本聡哉騎手)も今年は7歳。デビュー戦の騎乗は菊地康朗元騎手ビギナーズカップを勝った時の鞍上は南郷家全騎手、当初のライバルは小林俊彦現調教師のライズラインでありました。4歳春のさきたま杯4着から短距離の交流路線へ転じて4年目。笠松グランプリ3連覇、ダートグレードレース2着3回、3着3回、4着2回、5着2回と長く高いレベルでの走りを続けています。



DSC_4716.jpg
 「夏負けがあったクラスターカップから、道営スプリント時は十分乗り込めたが、少し楽をさせたあとでまだ重め残りだった。それでもあの展開で勝てたのは価値がある。今度はもっと良くなっている」と菅原勲調教師。これまでJRA挑戦は根岸ステークス2回だけで、直線の長い東京の1400m。京都の1200mであれば、相手関係はともかく根岸ステークスほどの厳しい展開にはならないでしょう。現状考えられる最高の舞台での力試しに期待したいと思います。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/11/02(金) 19:23:17|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

チャイヤプーン登場の不来方賞

 10月21日、盛岡競馬のメインレースは、テレビ岩手杯、第50回不来方賞(M1)です。3歳秋のチャンピオンシップ競走で、ダービーグランプリのトライアルレースになっています。ここは地元馬限定で12頭が揃っています。



DSC_4653.jpg
 3歳一冠目の岩手ダービー・ダイヤモンドカップを勝ったチャイヤプーン(田嶋厩務員、実戦は村上騎手)はその後南関東へ移動して、目標であった戸塚記念を優勝して、全国に大きく名前を響かせました。それでなくても人気を集める馬ですから、陣営にとってはプレッシャーでしかないようですが、一方で「以前いた時よりも動きは良くなっている」(千葉幸喜調教師)とのこと。ここだけでなくダービーグランプリ優勝は大目標ですから、当然注目を集めます。



DSC_4681.jpg
 サンエイキャピタル(瀬戸幸喜調教師補佐、実戦は山本聡哉騎手)は長期休養を克服してウイナーカップ、イーハトーブマイルを勝ち4戦4勝。チャイヤプーンには初挑戦になります。まだここまで1600mしか経験がありませんから、400mの距離延長をどのように乗り切るか。初騎乗の山本聡哉騎手がどのような騎乗を見せるかにも興味がわきます。



DSC_4690.jpg
 3番手以降も多彩で難しいですが、転入初戦を圧勝したスズヨブラック(菅原俊吏騎手)はJRA未勝利でもダート1800mで2、3着があります。昨年の不来方賞はキングジャガーの2着に入ったワイルドソングがやはり似た成績、力比較がハッキリしていないだけに、まさに「未知の魅力」という言葉が当てはまります。



岩手競馬専門紙 ケイシュウNEWS facebook


←ぜひクリックで一票をお願いします

        拍手もお願いします↓


  1. 2018/10/20(土) 17:45:00|
  2. 競馬ニュース|
  3. トラックバック:0|

Recent Entries

10月 « 2018年11月 » 12月
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Trackbacks

Archives

Links

Search